【安定した人生が送れない理由】退屈しない変化を起こす意識

▼ブログランキングアップキャンペーン実施中▼
▼下のバナーを押してください!!▼
▼ご協力お願いします!▼

 

 

安定した人生が送れない理由

スピリチュアルカウンセラーのTomokatsuです。

今回は、アセンデッドマスターや天使から私が受け取った生きにくさを解消するスピリチュアルメッセージでご紹介します。

目の前で起こっている出来事の本質にあるものに気づくきっかけを受け取ってみてください。

安定した人生が送れない理由

アセンデッドマスター・イシスのスピリチュアルメッセージ

人は退屈を嫌います。退屈していると生きている意味を感じないことが理由です。

その反面、度重なる変化も嫌がります。適度な変化からは生きている実感を味わえますが、上限を超えた変化が起こると実感を味わう余裕がなくなるからです。

そのような中で、全てを把握した定期的な生き方をしようとする人がいます。決まった出来事だけが起こり、それに決まった行為をするという生き方です。

これは適度な変化とは言えません。どちらかと言えば、退屈する生き方になるでしょう。

それを知っている周囲のあなたを護る存在たちは、あなたの前に定期的な出来事を提供しません。だから、あなたがどれだけ望んでも定期的な生き方にはならないのです。

あなたを護る存在たちは、あなたが前を向いて適度な変化と向き合い続けることを望んでいます。

顔を上げ、前を向いてみてください。

そこには暗闇はありません。

雲の切れ間から日が射し、あなたが向かう先の土地を知らせています。

雲の切れ間から太陽の光

感情の揺らぎに意識を合わせると生きやすい

アセンデッドマスター・イシスのスピリチュアルメッセージ

感情に飲まれることは愚かではありません。時と場合によっては、怒っても泣いても笑っても喜んでも良いのです。

感情に飲まれないように意識するあまり、今まで楽しんでいたものも楽しめず、喜びも味わえなくなってしまっては身も蓋もありません。

感情に飲まれずに生きよ

このような代々伝わる人生訓は衝動的に事を起こすのを制すために言い伝えられているだけであり、未来永劫その状態で生きなければならないと言うことではありません。


感情的になることを自分に許すことができたなら、今度は感情的になった自分自身を俯瞰してください。

あなたの感情は何に対して高ぶったのでしょうか?

その問いに「恥ずべきもの」と答えが出たのなら、今後その感情の高ぶりに注意を払えば良いだけです。逆に「誇るべきもの」と答えが出たなら、今後はもっとその感情を利用してください。

感情の揺らぎに意識を合わせると、あなたは益々生きやすくなるでしょう。

迷いは新しい道を作る

大天使ラファエルのスピリチュアルメッセージ

どうしたらいいのか分からないという道に迷う感覚は、どのような人でも味わったことがあるものなのです。なぜなら、その迷いが様々な体験を生み出すからです。

発明や発見は道に迷う感覚から生み出されています。

迷ったとき、人は今の状態を把握するために普段よりも周囲の状態を気にし、いつもよりも得られる情報量が多くなります。そして、そこから厳選したものを獲得します。

迷っているときは「これ以上迷ってはならない」というプレッシャーを自身に加えますが、それがあるからこそ、得られた情報のカードから独自の感覚、直感を利用して思い切って選ぶことができるのです。

しかしながら、迷いは頻繁に味わうべき感覚ではありません。

精神を不安定にする要素を持っているからです。

自分自身に余裕があって不安定を許容できるときに、迷いは味わうべきである」ということを忘れてはなりません。

全てが良い作用であると無理に解釈する必要もありませんし、全てを嫌う必要もないのです。

自分自身を十分に癒していればそのよう迷いも作用の善悪も心配いりません。

快適に生きるために必要なこと

アセンデッドマスター・仏陀のスピリチュアルメッセージ

苦痛は誰にでもあります。

肉体でも精神でも、苦痛はどこでも現れ、その原因は人の個性と同じように唯一無二です。しかし、共通していることもあります。

それは「苦痛を手放したい」という想いや願いです。苦痛の原因は違えども、手放したいという想いは共通しているのです。

あなたの周りも、あなた自身も、どうにかして苦痛を手放したいと想っていることに気づいてみてください。気づくことで苦痛を手放すための手掛かりが見えてくるでしょう。

大切なことは、苦痛を保持しているのはあなただけではないということ。

この意識を大切にしながら、周囲の人を見て回るのです。見て回れば、いずれ苦痛を手放すことができるでしょう。

手放した後に残るのは快適です。この快適は、自己満足に閉じるものではなく、周囲の苦痛を理解した快適となります。

この快適こそが人が求めている統合の意識に近づくものなのです。

さあ、あなたが見回る番です。

周りの人に現れる苦痛を見届けてみましょう。

おわりに

ここから再びスピリチュアルカウンセラーのTomokatsuです。

メッセージでの解説はいかがでしょうか?

生きにくさを感じるのは何らかの我慢をしているときです。感情の高まりを無理に抑え込もうとするのではなく、出したい感情はそのまま味わって、その後に振り返るという意識を持ってみて下さい。

このブログでは、生きにくさを解消するヒントになるスピリチュアルメッセージを数多くご紹介しています。

ご自分に必要だと感じたものをぜひご覧ください。

【不平等感からの抜け出し方】天使のスピリチュアルメッセージ集

【嫌な過去 不安 怒り】人生に役立つ須佐之男のスピリチュアルメッセージ

【罪悪感 嫉妬 執着 苦しみ 栄光】スピリチュアルメッセージ集

【良好な人間関係を生み出す秘訣】人間関係は相乗効果を生む

【解説】疲れの原因 ネガティブはダメの悪影響

【自責の念は八方塞がりを生む】停滞を作る責任転嫁

【自分への呪縛と抜け出す方法】辛さ 迷い 幸せを与えている正体

仕事と人生に役立つスピリチュアルメッセージ【不服 迷い 不安 最善の選択】

【自己信頼と充実感】天使ミカエルが伝える気づきの方法 |スピリチュアル