レムリアとアトランティスの違い|宇宙存在との歴史 現在のレムリア

レムリアとアトランティスの違い

スピリチュアルカウンセラーのTomokatsuです。

セミナーや講座などで「レムリア」と「アトランティス」についてご質問いただくことが多いので、ご紹介したいと思います。

レムリアとアトランティスの違い

レムリアとアトランティスの人々は、 シンクロニシティが当たり前の状態で、言葉を話さずともコミュニケーションが取れる意識状態にまで到達した人々です。

しかし、両者には大きな違いがあります。

まず、アトランティスは「文明」です。

人間の歴史の中では1度だけ起こり、滅びました。


一方、レムリアは文明ではなく「状態」で、人間の歴史上、周期的に何度も起こっています。

そして、両者には大きな時代背景の違いもあります。

アトランティス文明の時代背景

とても古い時代、人間は地上に降り立った宇宙存在に様々な事を教えられていました。

この時代を「介入の時代」と呼んでいます。

(現代から想像するのは難しいかもしれませんが、その頃の宇宙存在は、数多く残っている神話に登場する神のモデルになっています)

宇宙存在が、人間が頼んだことも、頼んでいないことも教えてくれるため、技術的にも意識的にも大きく発展した時代でした。


アトランティスはこの時代に発展した文明です。

地球上の他の地域では到達できなかったところまでいったのは、宇宙存在からの叡智を受け取りながら、自分達で考えて生きていたからだったのですが、文明は滅びました。

その原因は、宇宙存在との絆は深かったのですが、人々同士の絆は弱く脆かったことにあります。

地球上に存在するアトランティス以外の文明が流入してきた時に、アトランティスの人同士の絆が崩れ、高度な技術を持ちながらも滅んでしまったのです。

11月上旬分まで▼
▼ご予約受付中!

スピリチュアルカウンセラーTomokatsuのスピリチュアルセッション 東京オンライン

 

レムリアの時代背景と現在

レムリアは、介入と支援の両方の時代で起こっています。

レムリアは、人類の進化の過程で達する「肉体と精神と感情のバランスが取れた状態」を指すので、人間次第でレムリア状態にはなれるのです。


宇宙存在が地球に降り立って何でも教えるという時代は、人間が何でも教えてくれる宇宙存在を神格化し始めたときに終わりを告げました。

人間が宇宙存在が教えてくれることをすべて鵜呑みにし、自分で考える事を止めたため、人類の進化が停滞し始めたからです。

これは宇宙存在が意図したことではなかったため、人間に何でも教えるということを止めています。


現在、宇宙存在が地球に降り立たないのも、このためです。

宇宙存在は「支援」という形で人間と関わるようになり、人間に頼まれたことだけを行うようになっています。

(介入が終了した今の時代を「支援の時代」と呼んでいます)


レムリアは、支援の時代に入ってからも何度も起こっています。

2021年現在、今が一番大きなレムリア状態で、レムリア状態の人をさらに増やして規模を大きくしようとしている段階です。

レムリアの民のその後

さて、これまでの人類の歴史の中でレムリア状態になった人々(レムリアの民)は、どのようになったのでしょうか?

そのままアセンション(次元上昇)してこの地球から離れてしまったのでしょうか?


実は、アセンションもしていませんし、地球から離れてもいません。

「アセンションしなかった」というより「アセンション出来なかった」のです。


人類の意識はグループソウルという魂の絆で結ばれていて、アセンションするには、人類のある一定数の魂を「愛の密度を高めた状態」にする必要があります。

しかし、どの時代のレムリアの民も、その数がアセンションに必要な一定数に満たなかったのです。(レムリアの民の愛の密度は十分に高まっていましたが)


これにはレムリアの民も気づきており、次なる行動を起こしています。

お互いに再び会う事を約束し、解散していったのです。


解散したレムリアの民は、宇宙存在からの支援によって受け取った叡智を広める活動を個々に行っていきました。

「レムリアの状態を迎え、民が集い、アセンションできるかどうかを確認し、足りないと分かったら再び解散し、叡智を広める活動をする」
という繰り返しを行っているのです。

これが歴史上レムリアが繰り返し起こる原因です。

2021年現在、いまもその真っただ中にあります。

レムリアの民からのメッセージ

レムリアの民から現代の皆さまへのメッセージをご紹介します。

レムリアは、何かを成したときに感じられるものです。

与えられるものではないので、待っていてもその感覚は味わえません。


例えば、あなたが過去世として「レムリアの民として生きた記録」を参照していたとしても、自分自身で成さなければレムリアの意識とはなりません。

ですから、過去世のレムリアの記録を探り当てる必要もないのです。


あなたがレムリアを意識したいと思うなら、レムリアの民がしてきたことをなぞれば良いのです。


1.
レムリアの民は争うことをしません

レムリアの民が目指すものに争いは不要であり、争いに対し意識をすることもしません。

私たちの意識は、2極を生み出す「争い」ではなく、2極を手放す「統合」にあるからです。


2. レムリアの民は見通す力を持っています

レムリアの民は広い視野(感覚)を持ち、様々な情報を平等に捉えることができます。

例えば、Aという国から2極性の強い情報が入ったとき、その他のB国、C国などの情報も併せて収集し2極性を弱めるように努めます。


3. レムリアの民は自らの感情も見通します

私たちは、広い視野(感覚)を自身の外だけでなく内側にも向けられます。

自分の感情や思考も多角的な視点で見つめることができるのです。

もし、感情が波立つ状況を目の当たりにしても「自身の感情が波立っている」という視点を持てるように行動することができるということです。


まずはこの3つのレムリアの民が歩んだ道に沿って進みなさい。

そうすればいずれ「レムリアの意識」を感じることができるようになるでしょう。

おわりに

今、レムリアの民が増える周期に入っています。

このブログを読んでいただくことで、皆さんの中にもレムリア意識がある事に気づくでしょう。

宇宙存在だけでなく様々な存在たちから、支援を受け取り、新たな気づきと共に新たな活動の扉が開くと思います。

レムリアについての他にも記事を書いていますので併せて読んでみてください。

「最新版【徹底解説!レムリアと現代人】過去世との関係 スピリチュアル」