【アセンションを早めるコツ】自発的な変化 | スピリチュアル

目の前にあるものは常に変化している

今回は「変化」のお話です。

変化がどのように起こるかは、自分の行動によって変わります。

変化には、

  • 周りが変わり、本人が変わらなければいけない状況になる
  • 本人が自分から自発的に変わる

という2つが存在します。

 

周りが変わる事による変化とは

私たちがいる世界(第3密度)の思考を持っている場合に起こる変化です。

出来事が起こるのを待っている状態、受け身の姿勢のときの多く体験します。

例えば、
自分の思い通りにならない状況が起こり、それに対して悩む。

これが受け身のときに起こる変化のサインです。

結果的にはその「思い通りでない出来事」「不測の事態」を何とか回避するために行動し、自ら変化ができますが・・・

必要以上に疲れる変化です。

 

本人が自発的に変化するとは

先ほどとは逆で、自分から変化を起こします。

出来事を自ら起こしている状態、自発的な姿勢で世界と向き合っている状態です。

例えば、
自分の思い通りになる状況を創り、それに満足する。

これが自発的な姿勢のときに起こる変化のサインです。

 

ここからが大切なポイントです。

私たちは「思い通り」の状況を目の前にすると「満足」という状態になります。

満足に浸り続けてしまうと、変化のサインを先送りにしてしまい、自発的な変化がそこで止めてしまうのです。

 

自発的な姿勢を崩さない第4密度の思考

「思い通り」の状況を目の前にしたら、ちょっとした余韻を味わった後に「更なる満足」を創造するように行動します。

これは私たちの次の段階、ハイヤーセルフがいる第4密度的な思考です。

第4密度の存在たちは、自分の出来ること(好きなこと)しかしません。

自分で出来ないこと(したくないこと)は他の存在の出来ること(好きなこと)となるのでこのような関係が成立しています。

これを私は『幸せの上に積み重ねる幸せ』と呼んでいます。

ただ、私たち第3密度の思考は2極性なので、幸せの上に幸せを積み重ねることは難しいです。ですから、この第4密度の考え方をこのように理解します。

 

幸せの上に、ほんの少しの不幸があってその上に、幸せを乗せる。

 

しっかりと2極性を持たせた考え方なので出来そうな気がしてくると思います。

不幸はほんの少しで良いのがポイントです。

例えば、
今、お寿司をお腹いっぱい食べて大満足の状態です。

ここに幸せを更に乗せていくにはどうしたら良いでしょうか?

「この後、数時間したらお腹が空くかな・・・」

ちょっと先の未来の、ほんの少しの心配事(不幸)に目を向け、その後自発的な姿勢で行動します。

すると、

「よし、お土産のお寿司買って行こう!」

という更なる幸せを創造することができるというわけです。

 

▼10月分受付開始!▼
9月分は満席のため予約受付終了
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<オンライン/東京対面>

 

第4密度に向かう速度を速めるために

どんなことをしていても第4密度に向かいます。

しかし、向かっていく速度は遅くなったり、速くなったりと、変化しています。

もし、第4密度へのアセンションを早めたいと思っているなら、目の前の物事に対して自発的な姿勢で「幸せの上に、ほんの少しの不幸があってその上に、幸せを乗せる」という思考を繰り返し、学ぶことです。

自発的な感覚が弱いと感じたら、今から自分なりの変化を自分なりに起こしてみましょう。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お知らせ

コンタクトワーク2020 ~ユニティ~ 実施しました

9月18日 の「Tomokatsuのスピリチュアルライブ」特別編として毎年実施している「コンタクトワーク」を行いました。

2020年のテーマは「ユニティ(unity)」で「一つにまとまる」という内容でコンタクトワークが進んでいきました。第5密度のアークトゥルスとリラの集合意識が一つにまとまって現れたのはとても面白い体験でした。

  • シリウス:ハモン
  • プレアデス:エリザベス・ジャーメイン
  • 金龍:アーロン
  • アークトゥルスとリラの集合意識:エンダーシア

登場人物はこれだけですが、もっとたくさんの存在とコンタクトされた方も多かったと思います。様々な存在たちがたくさんやって来ていました。

▼▼ご視聴はコチラ▼▼

スピリチュアル情報
スピリチュアルカウンセラー Tomokatsu
error:コピーはできません