【指の痛みの意味】痛みが意味するもの | スピリチュアル

痛みは何かを正すサイン

アセンデッドマスター・ソロモンからのメッセージ

 

 

痛みは色々な場所で起こります。

肉体の痛みもあれば、心の痛みもあります。

これらの痛みについて考えたことはありますか?

 

単に痛みが引くのを待つだけでは非常にもったいないのです。

また、痛みと向き合わなければそのサインは出続けますから、いつかは向き合わなければならないということも忘れてはいけません。

 

今回はその痛みの1つ「指の痛み」についてお話しましょう。

指は物を掴み、指し示す役割があります。

これは現実化や物質化を促す行為となっていますから、指が痛む場合はそのようなサインとして受け取ってみてください。

 

▼6月分 ご予約受付中▼

 

 

指輪やマニキュアなどの指を彩る行為は、自らの指を意識するためのツールとなっています。

ですから、この彩る行為を妥協することは、自らの現実化や物質化を妥協することになります。

痛みだけでなく指自体にも興味を持つことがあなたの自己実現に繋がるきっかけとなるのです。

 

手袋などの手を保護する行為は、自らの現実化や物質化を大切にすることになります。

指先を美しく健康に保つ事は、自分の思いを大切にしていると言えるでしょう。