【人生の良薬は「楽」】極みに達しない理由 |金龍のスピリチュアルメッセージ集

▼ブログランキングアップキャンペーン実施中▼
▼下のバナーを押してください!!▼
▼ご協力お願いします!▼

 

 

スピリチュアルカウンセラーのTomokatsuです。

今回は、私が金龍から受け取った人生、幸せ、極みなどを意識する理由について教えてくれるスピリチュアルメッセージ集です。

『成長したいけど、学ぶのは面倒・・・何か楽な方法はないかな?』

そのような方の次の一手のヒントになりますのでじっくりと読んでみてください。

人間が極みに達しない理由

金龍のスピリチュアルメッセージ

人間だけでなく、世に存在する全ての存在が「極み」に達していない。

だから人間は極みに焦がれるのだ。

極みに達すれば、それ以上何もしなくてよい」と考えている限り、極みに焦がれ続ける。

焦がれるのは良いが、達していないことを病むな。

焦がれることは意欲を生み出す作用があるが、達していないと思うことは逆の作用を生み出す。

この世の全ては極みに目を向けた練習段階、目の前にあることを直視して学び続けるのだ。

学ぶことを嫌がる者たち

金龍のスピリチュアルメッセージ

「学び」と聞くだけで嫌がる者たちがいるが、それは自身が辛いと感じることばかりを「学び」と称して理解しているからに他ならない。立ち返り考えるのだ。

学ぶことは辛いのだろうか?

徒歩より自転車や自動車を利用すれば行動範囲は格段に広くなる。

学びは辛さばかりではなく、その先に広がる景色を眺めている想像も含めて眺めているだろう。道具を利用する学びで行動範囲を広げ、見分を広げていることを思い出すのだ。

この景色と同時に楽しさも増幅していることにも気づくだろう。

人生の良薬は「楽」

金龍のスピリチュアルメッセージ

現状は変化し続けている。それを忘れてはならない。

変化していることに目を背けても、のちに必ず変化と向き合うことになる。これは抗っても無駄ということではない。

そのような極端な発想は捨ておき、こう捉えるのだ。

変化していることを楽しむ

大いに笑い楽しむことを意識することが、何よりの良薬。現状を楽しむことができないと思う意味についても伝えよう。それは現状と向き合えていないのだ。

現状をよくよく眺めるだけで、自ら創り出している「否の心(ひのこころ)」とすぐに向き合うことができるだろう。否の心によって、楽しみが楽しめないものに変わるのだ。

それはいまに始まったことではなく、人が生まれたそのときからある。

今に始まったことでもないし、二極の世の仕組みの1つであるから、目をそらすことなく安心して向き合うことができるだろう。

  • 楽しめば色が変わる
  • 楽しめば味が変わる
  • 楽しめば音が変わる
  • 楽しめば匂いが変わる

問題だと思っていたものは、捉え方で変わる。

人生の道の選び方

金龍のスピリチュアルメッセージ

人が求める道は数あるものだろう。

では、その道とは何か。

それは己の人生を示すものだ。

道はたくさんある。

自ら険しい道を選ばずともよかろう。

分岐の扉

幸せを求める力が試されるのが人生

金龍のスピリチュアルメッセージ

お主の目の前に、両手で抱えて持ち上げられるくらいの器を用意した。その中に、今日必要なものを好きなだけ入れてみよ。

守るべきルールは「今日必要なもの」ということだけ。それ以外の決めごとはない。

  • 人が日に食せる量は決まっている
  • 人が日に動ける量は決まっている
  • 人が日に出会う人の数は決まっている

量や数は人によって異なるが、それは重要ではないということ。何より、お主のこと、自分自身に目を向けて考える。

そこで考えた器に入る必要最低限のものが、お主の「いま(今日)最も大切なもの」なのだ。

必要最低限を体験することで、今できることが見えてくる。

お主の幸せを求める力が試されると心得よ。

「つまらない」で終わるな

金龍のスピリチュアルメッセージ

人間たちの心からよく聞こえている「つまらない」という言葉について伝えよう。

「つまらない」は、今この瞬間にお主の願いが叶っていないという不満がある状態を表す。すなわち、不満について深く考えるためのサインであるということ。

何ともありがたい言葉ではないか?そう思わぬか?

お主が「つまらない」と心に思った瞬間、お主がこれから何をすべきかが明確に見えている。

「つまらない」で終えてはならぬ。「つまらない」と気づいた先の「すべき」を見るのだ。


1つお主たちの中にいる者の話をしよう。

その者は何をするにも「つまらん」と言っている。言っていないときは、心で思っている。その者は、これからも状況が変わることはないだろう。なぜなら、その者は「つまならない」で終えているからだ。

なぜ「つまらん」と言ってその場にいるのだろうか?

この者は「つまらん」と言ったり思ったりすることが好きだからそこに留まっている。少なくとも私にはそのように映っている。だから留まれるように手助けもしている。

もし、心底「つまらない」ならその先の「すべき」を隅々まで見る。

この場合ならば『その場から去り、次のすべきことを始める』ということが1つの楽に向かうための答えとなるだろう。


つまらないと気づいた瞬間、自分で考える。考えれば「つまらん」が口癖になることはないだろう。

おわりに

メッセージはいかがでしたでしょうか?

ここから再びスピリチュアルカウンセラーのTomokatsuです。

金龍は私たちの人生の楽しみ方を教えてくれます。具体的な部分は自分で考えなければいけませんが、ヒントは受け取れない程くれますので、それを上手く利用して導き出してみましょう。

そして、現状をしっかり把握して大いに楽しみ、龍たちと一緒に笑いましょう。世界には面白いことがたくさんあります。

金龍のスピリチュアルメッセージは、「金龍が教える【豊かさを得る方法】金龍のスピリチュアルメッセージ集」「【スピリチュアル解説】龍脈 龍脈の種類 金龍アーロンのメッセージ」「【グラウンディングの意味と方法】食べ物 歩く 練習はいらない」などでもご紹介しています。

龍のパワースポットについては「パワースポット」のページでご紹介しています。

ぜひご覧ください。

Tomokatsu公式LINEアカウント
『1日1分‼浄化と癒しの7日間レインボーヒーリング』無料プレゼント!
スピリチュアルカウンセリングや講座の募集開始などの最新情報や、お友だち限定無料ヒーリングなどが受け取れます。

友だち追加

↓↓龍の本心が分かる↓↓

スピリチュアルカウンセラーTomokatsu