引きこもり・対人恐怖・自己否定【脱出へのスピリチュアルアドバイス】

それぞれの事情

プレアデスのスピリチュアルメッセージ

自分の恐れを他の人たちの恐れと思わないでください。

そして、他人の恐れを自分の恐れとも思わないでください。

高いところが怖いという人、遠くを見渡せて幸せを感じる人。

火を見て火傷が怖いという人、神聖な気持ちになる人。

それぞれの事情によって恐れは様々なのです。

自分の恐れを他人が受け入れてくれなくても良いということ。

怖いものは怖いのです。

まずはこの言葉をご自分の心に染み込ませてあげてください。

「怖いものは怖い」という言葉を染み込ませていくと、自分自身を許す気持ちが芽生えてきます。

怖がっている自分を許すことができる世界を想像してみてください。

それがあなたの安心感を生み出します。

安心感に満たされたとき、あなたはやっと自分の恐れを俯瞰することができます。


なぜ私は「あるもの」を恐れるのでしょう?

「あるもの」という部分をあなたの恐れる物事と置き換えて自問してください。

そうすると、恐れの原因を思い出すことができます。

ここで冷静さを欠くようであれば、その先に進んではいけません。

再び俯瞰をして安心感を生み出すことを行ってから先に進むようにするのです。


恐れの原因を思い出せたからといって、その恐れを手放すことができるわけではありません。

結論を急ぎすぎてはいけないのです。

ゆっくり、ゆっくり、自己愛を味わいながら観察してください。

11月上旬分まで▼
▼ご予約受付中!

スピリチュアルカウンセラーTomokatsuのスピリチュアルセッション 東京オンライン

 

気づくと変容が起こる

アセンデッドマスター・キリストのメッセージ

人の心の器には色々なものが入ります。

色々な物が入っているからこそ比較をし、喜びがあり、恐れるのです。

喜びを強く感じられる人は自分の器にたくさんのものを入れようとしますが、恐れを強く感じられる人は自分の器にたくさんのものを入れようとはしません。


ここで人は気づきます。

あなたも気づいてください。

器に入れる前の状態で比較をすることは出来ないのです。

自分の器に入れなければ、あなたの視界や意識に入ることはありません。


まずは「自分の器に入れること」

この意識を持ち、行動するのです。

もし、あなたが閉じこもって外に出ずに心配ばかりをしているなら、まずは自分の器に入れることを選択してください。

閉じこもった状態から顔を上げ、カーテンを開け、窓を開け、その向こうに在るものに目を向けたり、その場の空気に触れたりするだけで良いのです。

人に会うことや教えを乞うことだけが器に入れることではないのです。


容易く感じ始めてきましたか?

あなたがすべきことはとても容易いことなのです。

容易さは、あなたが一度でも閉じこもったことがあるからわかることです。


もしこの意味が分からないのであれば、あなたはネガティブという感覚を強く味わったことが無いに等しい状態です。

わざわざ探す必要はありません。

どちらの状態でも、あなたが前を向き多くのものを自分の心の器に入れることができています。


恐れの原因が見えたとき、自分らしさに繋がる恐れは「個性」として手放さずに認めます。

自分らしさではないと思う恐れは、何の抵抗もなく手放すことができるでしょう。

Tomokatsu公式LINEアカウント
『1日1分‼浄化と癒しの7日間レインボーヒーリング』無料プレゼント!
スピリチュアルカウンセリングや講座の募集開始などの最新情報や、お友だち限定無料ヒーリングなどが受け取れます。
友だち追加

↓↓龍の本心が分かる↓↓

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

キリスト
スピリチュアルカウンセラーTomokatsu