【嫌なことがあった時に心に効く】スピリチュアルメッセージ集

【嫌な気持ちの時に読む】スピリチュアルメッセージ集

嫌なことがあった時に心に効くスピリチュアルメッセージ集

スピリチュアルカウンセラーのTomokatsuです。

今回は、私がアセンデッドマスターのアマテラス(天照)から受け取ったメッセージの中から、嫌な気持ちになった時に心に効くスピリチュアルメッセージを5つご紹介します。

イライラ、恐怖、慌ててしまう、苦手な人との付き合い、家族関係など、日常で嫌な気持ちになった時に役立つメッセージ集です。

イライラ・恐怖(感情の乱れ)の正体

スピリチュアルメッセージ

あなたの感情が乱れたり、あなたが周囲の感情を乱すことがあったとしても、その発端はあなたが「和」を求めることにあるのです。

「和」を知りましょう。

和とは、統べることではありません。
ひとりよがりの意識では和を成すことはできないのです。

和は多くの人を巻き込んでこそ得られるものと知り、和を成すために周囲を見渡してみるのです。

多くの人があなたに手を差し伸べ、和を成すための行動を起こしているでしょう。

あなたは、差し伸べられた手を掴み和を成すのも良いですし、あなたが手を差し伸べることを始めても良いのです。

どの様な選択であっても、和を知り重んじて行動するなら、あなたの手によって和を成すことができるでしょう。

苦手な人との付き合い

スピリチュアルメッセージ

どんな者でも調和を求めています。

あなたにとって苦手な存在になっている者たちも、あなたと調和を求めているから近くに現れ、関わっているのです。


だから、ここからです。

あなたはその調和を求めてくることに同意できるでしょうか?


調和を求めすぎる意識が強すぎると、それはそれで調和と呼べる状態ではありません。


あなたの心の中の調和を感じてみることです。

その答えがやがては大きな調和を生むことになるでしょう。

あなたの人格を大切にする

スピリチュアルメッセージ

心の平穏、安定を生み出す素があることに気づいてください。

それは特別なことではなことではありません。

まずは、あなたの中にその「素」があるということを理解し、認めるのです。


あなたを理解することから始めましょう。

あなたが考えていること、話していることを理解するのです。


その理解によって、自分を評価する必要はありません。

もし正したいと感じるなら正し、正すべきではないと感じるならそのままで良いのです。

この繰り返しによって「あなた」という人格がさらに理解できるようになるでしょう。


そして理解したあなたという人格を大切にしてください。

あなた大切にしたいと思える人格となることが必要ということです。

対立も無関心も家族の役割

スピリチュアルメッセージ

「家族」という言葉を聞いて、嫌悪感を持つ方もいるでしょう。

しかし、その嫌悪は一時のものです。


家族という絆は皆さんが地球に生まれる前に決めたもので、その絆を利用して生きるつもりでいま地球にいるのです。

どんな状況であれ、家族の絆は強く存在しています。


困ったときに助け合うだけが絆ではありません。

対立することも、無関心になることも、家族の絆のなせるわざなのです。

家族に対する嫌悪は一過性であり、それら全てが感謝という気持ちになったときに改めて、この絆を感じるでしょう。

納得いく人と出会う方法

スピリチュアルメッセージ

「人は様々な人物を参考に生きています」

この意味が分かりますか?

良くも悪くも人を見て人間は育っていくということです。

子は親を見ます。

親が伝えること、態度、細部まで参考にしています。

生徒と教師や、部下と上司というような関係も同じことが起こっています。

「誰も見ていないから良いだろう」と、人目が無いところで何らかの決まりを破ることはどうでしょうか?

残念ながら、その決まりを破ることもしっかりと参考にされていることでしょう。


どこで見ているのか。


その瞬間は見ていなくとも、伝わってしまうのです。

あなたのその様な思考が、あなたの一挙手一投足に現れています。


そして、その思考によって同類を引き寄せます。

もし、あなたが変わりたいと望むなら、人の見ていないところで行っている事を変えるのです。

あなたが納得できる自分になれば、それを参考に、あなたが納得できるような他人が現れるでしょう。

余裕は普段の生活の空洞

スピリチュアルメッセージ

余裕は自ら創り出すものです。

誰かから与えられるものでもなく、自然に生まれるものでもありません。

そして、余裕を創り出すことは難しいものではありません。

普段行っている行動の中に余裕を創り出す秘訣が含まれているからです。


では、どのように余裕を創り出すのか?

それは空洞を創ることです。


既に普段の生活の中であなたは空洞を創り出しています。

「誰かのために何かをする」という行為は、あなたが空洞を創り、余裕を生み出し、「何かをする」ということを現実化しています。

あなたは既に、空洞を創り出していることに気づいたでしょうか。

これを「誰かのため」でなく「自分のため」と置き換えるだけで、自分のための余裕が生み出されていきます。

自分のための余裕を生み出すことは悪ではありません。

もしそれを悪だというならば、この世は余裕のない息の詰まった世界となります。

おわりに

ここから再びスピリチュアルカウンセラーのTomokatsuです。

アマテラスのスピリチュアルメッセージはいかがでしたでしょうか?

生きている中では、余裕がなくなったり嫌な気持ちになったりすることをなくすことはできません。

でも、そのような気持ちを小さくしたり、すぐに切り替えて通常の気持ちに戻ることはできます。

アマテラスのメッセージが皆さんの心のサポートとなることを願っています。

人生で役立つスピリチュアルメッセージは、「【「納得できない」「心配」の意味】苦しみの対処法」「【人生を充実させる秘訣】現実の楽しい受け入れ方」などでもご紹介しています。

ぜひご覧ください。