スピリチュアルは危険?その噂を分析しました

スピリチュアル・チャネリングブログ「スピリチュアルの性質を知れば怖くない」

スピリチュアルは本当に危険なのか?

スピリチュアル・チャネリング

チャネラー、スピリチュアルカウンセラーとして活動し始めたとき、このようなことを言われたことがあります。

「スピリチュアルって危なくない?」
「それって洗脳する例のやつでしょ?」

こう言われたのは2014年くらいでしょうか。
個人的には「何でそう思うのだろう?」と大きなクエスチョンマークがついた体験でした。

しかし、ここで私がしっかりと伝えたいのは、スピリチュアル自体はご自分の人生を豊かにするためのツールなので危なくもないし、あなたの財産を搾取したり、人生を操作する力は持っていないということです。

この記事を「スピリチュアルに対する観念を再点検する機会」として頂ければ幸いです。

自分の人生は自分のもの

「スピリチュアルは危険」という方は今もいます。
そのような方は一体何を「危険」と認識しているのでしょうか?

その危険を要約すると、「自分の人生を狂わされる」ということのようです。

実際そのような事が起こるとしたら大ごとだと思います。

もしもスピリチュアルにそのような力があるのなら、競争社会で生きる多くの人がスピリチュアルを「相手を蹴落とす武器」として手に取っていることでしょう。

しかし、あなたの周りの世の中を見てください。実際はどうでしょうか。
人生を狂わすと言われるスピリチュアルを武器として利用している人はどれだけいますか?
一人もいないと思います。
残念ながら、スピリチュアルにはそのような力はないのです。

私は、『自分の人生は自分のためにあり、他人が奪うことも手にするこのもできない、この世で唯一もの』だと考えています。人の命は奪えても、その人生までは奪えません。

自分の人生を狂わすのは誰?

では「自分の人生を狂わされた」と言っている人の、その感覚がどこから出て来るかを明確にしましょう。

まずはじめに、誰かに狂わされたという感覚は、八つ当たりです。

ちょっとショックかもしれませんが、前述した通り「自分の人生は自分でしか触れることができないもの」ですから、狂わすことができるのは自分だけなのです。

しかし、自分の今の人生を認めたくない、知りたくない、見たくないという意識があると、自分以外に責任転嫁して八つ当たりを始めます。
その矛先の1つが「スピリチュアルで自分の人生を狂わされた」という感覚なのです。

最終決定者は自分

どんなことであっても、最後は自分で決定していることを忘れてはいけません。

自分の人生という自動車の運転席に座って、ハンドルを握っているのはあなた自身であり、他の者たちは助手席で身振り手振りしたり、カーナビの音声のようにあなたに助言しているだけなのです。

 

スピリチュアルがカーナビのように「次の交差点を右折してください」と助言したとします。
その助言を聞いて右折するのはあなた自身です。

もしそこであなたの人生が渋滞に巻き込まれたり、遠回りとしても、
「カーナビのせいで渋滞に巻き込まれた!!」
「カーナビのせいで遠回りして遅れた!!」
というのはカーナビ役のスピリチュアルがかわいそうというものです。

スピリチュアルというツールを、あなたの人生でどう使うかは、あなた自身が決めることです。

error:コピーはできません