【シリウスとエジプト】ピラミッド・スフィンクスの用途|スピリチュアル

シリウスのエリセルさんのチャネリングメッセージ

エリセルさん

今日はシリウスの介入の歴史をお話します。

シリウスは地球の様々な場所に介入をしました。
その1つに古代のエジプトがあります。

エジプトにある遺跡には多くのシリウスの痕跡が残っています。

人々が残している「神」という存在たちも、介入していたシリウス人の姿です。
その姿は、「半獣」の姿で壁画に描かれています。

あの姿は仮面を着けた私たちです。

なぜ仮面をつけていたのでしょう?

その理由はシンプルです。
当時シリウス人は、自分達が介入によって第3密度から第4密度に移行することができた経験から、同じように地球の人々にも介入を行っていました。
その介入手法が、その星の動物を模した姿で現れるということだったのです。

皆さんへのコンタクト手法を介入から支援に変更していったお話は何度かしているのでここでは話しませんが、古代エジプトの人々は動物に模した私たちを「神」と認識し、今の皆さんに壁画や神話として残していったのです。

さて、他にも大きな疑問があります。
巨大な建造物であるピラミッドやスフィンクス、他にもまだ発見されていないものについてです。

これにはどんな意味があるのでしょう?

ピラミッドは繋がる場所です。
ピラミッドの中心に近づけば近づくほどに繋がる感覚に気づく方もいると思います。
繋がる先は決まっていません。
ご自分の過去や未来などの時間を超えることも自由に行えますし、宇宙存在たちと繋がることもできます。
エジプト人がピラミッドを建造する当初の目的は、後者のために造られました。

スフィンクスは守護と目印の役割があります。
先程「まだ発見されていないもの」とお伝えしましたが、それはスフィンクスの下に存在します。
スフィンクスはその建造物を守る蓋の役割であり、後々の人々にも分かりやすく目印として造られました。

そして、最後に「まだ発見されていないもの」のお話をします。
そこにあるものは記録です。
その記録とは、人々と神の交流の記録、つまり私たちシリウス人との交流の記録です。
それが石に刻まれて保管されています。
この記録は、皆さんが必要になったときに発見されるでしょう。

 

今日はシリウスのエネルギーをセットしています。
今回は人類の歴史を管理しているエリセルさんが介入の歴史を話してくれました。
シリウスの人たちと繋がることは多いのですが、いつも繋がるとすぐに冷静な思考ができるような感覚になります。

皆さんもシリウスのエネルギーを受け取ってから、いつも悩んでいることをもう一度考えてみてください。
いつもよりスッと答えが見つかるかもしれません。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お知らせ

遠隔エネルギーワークまであと2日

明後日(10月31日)に、遠隔エネルギーワーク『宇宙連合の「叡智」によるエネルギートリートメント』を行います。
本エネルギーワークはご自身のエネルギーバランスを最適な状態に整え、更に望む生き方をするためのアクティベーションとして、新月と満月の夜に行っています。
宇宙連合の叡智のエネルギーと、ゲストからのエネルギーやメッセージを受け取ることができます。

10月31日(土) 22:00~22:45 満月

詳細・お申込みはこちら

お申込みただいている皆さまへ

本日、午前中にLive配信のURLをメールでご案内致します。
午後になってもメールが届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですが「お問合せフォーム」にご連絡をお願いいたします。

11月のスピリチュアルアドバイス公開収録

今回のTomokatsuのスピリチュアルライブは、毎月恒例の11月のスピリチュアルアドバイスの公開収録をしました。一足先にスピリチュアルアドバイスを受け取りたい方はこちらをご覧ください。

▼▼ご視聴はこちら▼▼

シリウスのエリセル
スピリチュアルカウンセラー Tomokatsu
error:コピーはできません