【淡路島の役割】享受できる人とできない人 | スピリチュアル

淡路島が創り出すものは・・・

シリウスのハモンからのメッセージ

シリウス「ハモン」

淡路島と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

瀬戸内海に浮かぶ島と答える人もいるでしょう。

イザナギ、イザナミの神話から日本の一番初めの場所と答える人もいますね。

海流が混ざり合う所でもあります。

流通の中継地点や拠点と言う方もいます。

四国と本州を繋ぐ役割もあるということも忘れてはいけませんね。

 

このくらいにしておきましょう。

たくさんの声が聞こえて来ますが、その声の中にあるものにも共通していることがあるのです。

それが淡路島という土地、役割を指すものと考えても良いでしょう。

それは、「流れ」であります。

 

日本という島国は周囲が海です。

そして、数々の海流によって豊かな恵みを享受しています。

その流れを上手く利用している場所の1つとして淡路島があります。

この場所は海流もそうですが、風も流れを生み出しています。

 

淡路島は龍で言うならば、銀龍のエネルギーが強い土地と言えるでしょう。

入っては出ていくという流れがあるのです。

 

▼12月分予約受付中▼

 

流れがあればそれだけで十分なのでしょうか?

それでは不足しています。しっかりと受け止めなければなりません。

このような流れの強い所では「受け止める意識」が大切なのです。

そうでなければ、あっという間に押し流されて「入っては出ていく」ことになります。

 

受け止める意識は例えるなら「大樹の如く根を張る」という感覚です。

強い思いがあればあるほどに根を大きく広く張ることができます。

周りに流され、自分の思いが弱いままであるならば、改めて自分の思いを確認する時間が必要となるでしょう。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お知らせ

12月のスピリチュアルアドバイス

今回のTomokatsuのスピリチュアルライブは、写真鑑定と12月のスピリチュアルアドバイスの公開収録を行いました。

今回のスピリチュアルアドバイスはいつも通り内容はしっかりとしていますが、カミカミで少し聞き取りずらいところがあります。動画内でも解説していますが、放送日の11月21日がパラレルが変化するタイミングで色々なエネルギーを感じ取ってしまったことに影響しています。私もあまり体験したことのないものでした。

▼▼ご視聴はこちら▼▼

シリウスのハモン
スピリチュアルカウンセラー Tomokatsu
error:コピーはできません