龍が教える【龍を感じる方法】サイン 龍と一緒にいる人の例

龍が教える【龍を感じる方法・龍のサイン】龍と一緒にいる人の例

スピリチュアルカウンセラーのTomokatsuです。

今回は金龍が教えてくれた「龍を感じる方法」と金龍のメッセージをご紹介します。

私がこれまでに出会った龍と一緒にいる人の具体例もご紹介します。

龍を感じる

まずはじめに、すべての人が龍を感じることができます。

「特別な人」や「選ばれた人」ではありません。

そもそも龍を感じるというのは、第6感や第7感とも呼ばれる「チャネリング」というスキルを利用したものです。

日常生活で何かに閃いたり直感的にわかったりすることもチャネリングですが、これは無意識で行っているものです。

どこにチャンネルを合わせて閃いたのかや閃きの理由などの詳しい事が、本人にはわかりません。


私は龍を感じたり 話をしたり 見たりしますが、これは意識的に行っているものです。

スキルを磨けば感じるだけでなく話すことも見ることも、誰でもできるようになるので、意識的にチャネリングして龍と交流を持っている人を特別に思う必要はありません。

龍を感じるメリット

龍を感じられると、龍のサインに気づけるようになります。

「OK!」や「GO!」のサインは比較的簡単に受け取れるようになります。

スキルを磨くと、龍からメッセージをもらったり、話し合ったりすることができるようになります。


サインを受け取れるようになった段階から、自分の身の回りで起こる出来事や現在の状況の意味に気づきやすくなるので、現状を変えて願いを叶えられるようになるというメリットもあります。

龍を感じる方法

龍を感じる方法は、龍から直接教えてもらいましょう。

「金龍・銀龍といっしょに幸運の波に乗る本~願いがどんどん叶うのは、必然でした」にも登場する、我が家の金龍アーロンのメッセージをご紹介します。

金龍のメッセージ

龍と繋がる方法を探究している者たちがいるが、その探求によって何を得たいのかを明確にすべきだ。

目的をしっかりと定めなければ、それまでの道中で彷徨い、お主が疲れてしまうだろう。

目的を定めるために必要なことを教える。

目的は私欲によって生み出されるものではあるが、単純なものは目的とはならない。

「金が欲しい」「恋人が欲しい」という単純なものは直ぐに生まれて、直ぐに忘れてしまう。

忘れてしまうような目的は彷徨う原因となり、願いは叶わない。


しっかりとした目的の中に「龍と繋がりたい」というものがあるなら、これから伝えることを試してみると良いだろう。

この方法は誰かに「龍をつけてもらう」より「繋げてもらう」より単純明快な方法であるから、すぐにでも試す事ができる。


まずは目を閉じる。

視界を遮ることで余分な考えを生み出さなくする。


次に感じたい龍を思い浮かべる。

龍そのものを想像しても構わないし、龍がいるという場所のことを思い返しても良い。


そして、その龍や場所と自分の心を重ねる。

心を重ねる想像がつかないのなら、自分が半透明になって薄く引き伸ばされ、想像している龍や風景の中に入っていくようにする。

こうすることで、龍と自分が混ざり合い、龍を感じる事ができるだろう。

金龍のスピリチュアルメッセージ

龍はお主と共にある。

近くを見渡すことができれば、龍が側にいることに気づくだろう。

近くを見渡すのは意識の上でのことだが、行うことは目を開き見渡すことと変わらない。

お主の内にあるものに目を向けるのだ。


お主たちが我らを思い浮かべるとき、我らの姿の正解を求め、それを得られなかったからと想像をやめる者が多い。

お主が一番感じやすく、利用しやすい状態で我ら龍は存在する。

だからどんな姿であったとしても、そこには意味があるのだ。

感じたものはそのまま受け止めてみよ。

姿がどうであれ、我らが共にあることに変わりはない。

龍といっしょにいる人

ここからは再びスピリチュアルカウンセラーのTomokatsuです。

私はスピリチュアルセッションや講座をしているのですが、受けてくださる方の中には龍と一緒にいる人が時々います。

なかでも変わっているのが私の奥さんの紫瑛(しのえ)さんなので、ご紹介します。

相変わらずの残念な画風ですがTomokatsu画の「紫瑛さんと金龍アーロン」です。

これが彼女と龍の共にある姿です。

部屋に入りきれない大きな身体のアーロンがススッと小さくなって、紫瑛さんの頭の上に顎を乗っけるように合体しています。

そして、同じ目でジーッと私を見ます。


なぜ、ジーッと見ているかというと・・・

私が思いつくままに色々なお仕事の企画案を話しているからです。

紫瑛さんとアーロンの合わせて4つの瞳が、「また何か話し始めたよ」という表情でこちらを見ています。

それでも、この表情が続いても、構わず続行するのが私たちの企画打ち合わせです。

延々と話ていく中で、そのうち表情が変わるときが来ます。

4つの瞳が「ピカッ」と光り輝く瞬間です。

私たちがご提供している全ての龍の講座、ヒーリング、特別企画などは、紫瑛さんと金龍アーロンのピカッを頂いたものですので、素敵なものになっていると思います。


龍と共にある姿として龍を装着している”異様な”姿は紫瑛さんでしか見た事がありませんが、龍が人の右側や左側にいるパターン、人の上や周りをクルクルと回っているパターンを見てきました。

しなやかな細身の身体を持つ龍もいますし、太く大きい龍にも出会いました。

ぜひ、ご自分で龍を感じてみてください。

Tomokatsu公式LINEアカウント
『1日1分‼浄化と癒しの7日間レインボーヒーリング』無料プレゼント!
スピリチュアルカウンセリングや講座の募集開始などの最新情報や、お友だち限定無料ヒーリングなどが受け取れます。

友だち追加

↓↓龍の本心が分かる↓↓

スピリチュアル情報
スピリチュアルカウンセラーTomokatsu