【エナジーバンパイア】が存在しない理由 | スピリチュアル

エナジーバンパイアと人間の世界

判断を多用している人間

人は判断をして生活しています。

例えば、スーパーのチラシで「どの商品がお買い得か?」という金銭的な「高い・安い」という判断をします。仕事で「飛行機と新幹線のどちらを利用するか?」という状況では、金銭的な判断に加え、移動時間の「長い・短い」を判断し、自分の快適な状態を創り出そうとします。

良い悪い

判断することは人の生活では切っても切り離せない行動ですが、それは「ある・ない」「光・闇」「良い・悪い」という2極性を利用したものだということを忘れてはいけません。

今の世の中は判断を多用していて、俯瞰をした「平等」というものの見方ができなくなっています。

 

子どもの頃に大人から言われたことがありませんか?

相手の気持ちになって考えてみなさいと。

 

自分が良いと思ったものだけを「良いもの」として判断し、それにそぐわない相手やものを「悪いもの」として判断してしまう方が多くいます。そのような情報も溢れています。

 

スピリチュアルな世界では「私(たち)は統合を目指す!」と話す方がいる一方で、自分の視点から「良い、悪い」を判断し、統合とは逆の「分離した状態」を続けるための行動をする方が大変多くいます。

世の中に出回っている情報を改めて見直してみてください。

1つの視点からしか語られていないということに気づきますか?

 

分離を創り出す言葉「エナジーバンパイア」

スピリチュアルで頻繁に使われる言葉に、「エナジーバンパイア」というものがあります。

「○○さんがエナジーバンパイアで、私はエネルギーを吸われて具合が悪くなった」などと使われる言葉です。

この言葉に違和感を感じたことはありませんか?

 

人間はエネルギーを「吸い取られた・吸い取った」という器用なことはできません。人間の高次の存在(ハイヤーセルフ)でさえ、エネルギーを吸い取られたり、吸い取ったりすることはできません。

なぜなら、人間もハイヤーセルフも統合を目指しているので、そのような分離状態を促す機能は身体に備わっていないのです。備わっているのは「共有する」ということです。

 

「エナジーバンパイア」という言葉は、分離した状態を創り出すための言葉なのです。

それでも、「エネルギーを取られた、取った」という感覚がある方は、ご自分が判断している状態であると気づいてください。

なぜ自分はそう思ったのかを深く考えてください。

全て、自分自身で感じて、創り出していることなのです。

 

更に記事は続きます。

【統合を妨げるスピリチュアル情報の具体例】スピリチュアルの始まり
統合から離れ、分離を促すためのキーワード(結界、エナジーバンバイア等)を利用している情報発信元が大変多く存在します。その見分け方の紹介と、ブログ等で情報発信する際の注意点。スピリチュアル情報収集で気を付ける点。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お知らせ

コンタクトワーク2020 ~ユニティ~ 実施しました

9月18日 の「Tomokatsuのスピリチュアルライブ」特別編として毎年実施している「コンタクトワーク」を行いました。

2020年のテーマは「ユニティ(unity)」で「一つにまとまる」という内容でコンタクトワークが進んでいきました。第5密度のアークトゥルスとリラの集合意識が一つにまとまって現れたのはとても面白い体験でした。

  • シリウス:ハモン
  • プレアデス:エリザベス・ジャーメイン
  • 金龍:アーロン
  • アークトゥルスとリラの集合意識:エンダーシア

登場人物はこれだけですが、もっとたくさんの存在とコンタクトされた方も多かったと思います。様々な存在たちがたくさんやって来ていました。

▼▼ご視聴はコチラ▼▼

スピリチュアル情報
スピリチュアルカウンセラー Tomokatsu
error:コピーはできません