【日常という枠を手放す理由】水を入れ替える | スピリチュアル

日常を手放す理由 水を入れ替える

日常という枠を手放すこと

アセンデッドマスター・ヒラリオンのスピリチュアルメッセージ

日常というものは、器にずっと水が入ったままになっている状態と同じです。

水は鮮度を失い、「利用したい」と思う機会が少なくなるでしょう。

人はこの鮮度が失われた水を大切にしたいと思っているのです。

なぜなら、利用価値は少なくなっていきますが、ただ水が「ある」ことで安心するからです。

日常を追い求めるということはそういうことです。

水を捨てるのです。

よく見れば、その水は古くて利用機会がないものであると気づくはずです。

器が空になることが「怖い」と感じるかもしれません。

それは日常の枠を手放す怖さというものです。

しかし、空にするとすぐに変化が起こりますから、その怖さは直ぐに感じなくなるでしょう。