【赤色の意味】大地を感じる原型のエネルギー | スピリチュアル

赤は自分を深く知るために利用する

アセンデッドマスター・ヒラリオンからのメッセージ

 

火山

 

赤(rufus)は物質を熱すると放ちだす色として知られています。

そして熱された物質は何れ溶解し、形を変えることができるようになります。

 

皆さんが利用している多くの物たちは、この工程を経て物として生まれています。

この事から、赤は「形を変える(変形、変容、変質)」「溶解して原型に戻る(回帰)」という解釈ができるのです。

 

自身が赤を欲するとき「自分自身を新たな形にしたいと思う願望」として捉えてみるのです。

 

そうすれば自分の根底にある原型に気づくことができるでしょう。

赤を欲する時点で自身の根底にある原型は溶解が出来ているサインなのです。

 

▼8月分 ご予約受付開始!▼
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

 

自分の原型を溶解させるために必要なことも伝えておきましょう。

それを必要としている人がたくさんいるということを私は知っています。

 

自分自身を変容させたいという願望はどんな人の中にもあります。

なぜかと言うと、変容こそがこの地球に生まれる理由だからです。

真っ赤な状態で皆さんは生まれ、その後は冷やしては温めを繰り返して世を生きるのです。

 

今回体験したことを踏まえて「今度はこうしてみよう」と思うことがあるでしょう。

非常に些細なことから人生を大きく変えると思っているものも含めてこの溶解作業を行っているのです。

これが原型を溶解させる唯一の方法、熱を加える力となるのです。

 

思っていたよりも予定よりも遅くなってしまったことがあったとき、

冷えて固まった「これで間に合うだろう」という固定観念を溶解して新たな「これで間に合うだろう」を創り出すという感覚を思い出してください。

これは初めて体験することではありません。

あなたは必ず体験していることなのです。