【2020年 冬至】今年は振り返りの日 | スピリチュアル

2020年の冬至を迎えるにあたって

今年の冬至は12月21日(月)

今年もこの時期がやって来ました。

破壊」のピークです。

毎年この一言で冬至についてのブログを書き始めているのも理由があって、一年の中の単なるサイクルであることを皆さんにお伝えしたいからです。

例えば、今年の冬至に「〇〇しなければ不幸になる!!」ということはありません。

単に今年しなければ、来年に先送りになるだけですから今の自分の安心できる方を選んでみてください。

それがサイクルであり、春分、夏至、秋分、冬至もまたその1つであるということです。

 

破壊は前述したサイクルの中の1つで、過去にまとめておりますのでご一読ください。

スピリチュアルで冬至は「破壊」| スピリチュアルメッセージ

スピリチュアルで冬至は「破壊」| スピリチュアルメッセージ
スピリチュアルで、冬至は「破壊」のピークです。何が破壊されるのか?そして、あなたの観念はどのように崩れるのか? | ご自身で違和感を覚えたり、「変えたい」と思ったりしているところはありませんか?

要約すると、

・冬至はエネルギーの変換点
・冬至は、「再生・破壊」という2極性のサイクルの中の破壊のピーク
・スピリチュアル的な観点の「再生と破壊」は、自身の意識の中で起こる

ということになります。

最も重要なのは「自身の意識の中で破壊が起こる」ということです。

他人の後ろに考えもなしについて行くような感覚では、冬至のエネルギーに乗って変化することはできません。

2020年の冬至を迎えるにあたり、自分の意識を自らの意思で再認識して冬至の破壊を楽しんでみましょう。

 

▼8月分 ご予約受付開始!▼
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

 

2020年の破壊とは何か?

2020年の冬至の「破壊」のテーマは、

自身の行動を振り返る

ということが主体です。

このテーマは今年1年で私たちの生活を大きく変化させた新型コロナウイルスを連想させるものですが、それだけではありません。

2020年以前の自分自身も含まれています。

2020年12月は新型コロナウイルスによって外出自粛などが今後進んで行き、自然に自分の時間が作られていきますから、この時間を利用して自分の過去を振り返ってみると良いでしょう。

振り返ると何がわかってくるのか?

読者の皆さんの中には「過去を振り返りたくない!」と感じている方もいるかもしれません。

しかし、そういう方ほど今年は振り返りをしてみる必要があると思います。

恐る恐るでも良いので振り返ってみてください。直ぐに振り返って良かったと気づくはずです。

自分自身の成長を感じることができるからです。

今年に入り、外出自粛などで自身で行動しなければならない状況が起こっています。

「できなかったことにチャレンジし、慣れていき、今は当たり前のようにできている」という成長がそこにあります。

 

振り返って成長を感じたその先には・・・

その先には何があるのでしょうか?

子どもの成長を考えれば答えがわかります。

立てなかった赤ちゃんが立ち上がることができたことを目の当たりにしたときの感覚

そこで感じるのは「成長の喜び」です。

毎回心が震えるほどとは言いませんが、できなかったことができていると気づくと必ず「喜び」が生成されます。

この喜びのために人は成長しているとも言えます。

 

今年はじっくりと自分自身を振り返る

暖かいお部屋で暖かい飲み物と素敵な音楽を聴きながら、ご自分の成長を感じてみてください。

ちなみに、この成長が次なる創造に繋がっていきます。

夏至に向けての準備が始まっているのです。