【2020年 冬至】今年は振り返りの日 | スピリチュアル

スピリチュアル解説「冬至」

スピリチュアルカウンセラーのTomokatsuです。

今回は「冬至」についてスピリチュアル解説をします。

皆さんは冬至を準備は迎える準備ができていますか?

冬至とは

日本には四季に合わせた1年単位の大きなエネルギーの周期があります。

破壊と創造のエネルギーで、その1つ「破壊のエネルギー」がピークになるのが冬至です。

夏至には創造のエネルギーがピークになります。

破壊とは

スピリチュアル的な観点での破壊は「色々な観念が崩れる」ということです。

物理的に何かが壊れるということは間接的いは起こりますが、大元にあるのはお一人お一人の意識の中で起こる破壊です。

もちろん人間が統合へ向かうプロセスの1つですから、破壊をネガティブに捉える必要はありません。

ご自分の中で考えることが多くなると、破壊は自然に起こります。

ああでもないこうでもないと頭の中で試行錯誤することで、観念にひびが入り、壊れます。

観念の破壊は実は年中起きていることですが、冬至には大きな破壊が起こりやすい時期です。

ご自身で違和感を覚えたり、「変えたい」と思ったりしているところはありませんか?

スピリチュアルアドバイス

破壊と創造を得意とするアセンデッドマスターのソロモンからメッセージを受け取ったので、ご紹介します。

ソロモンのメッセージ

壊すことを恐れないでください。

観念を壊した程度で「あなた」は無くなることはありません。

あなたは観念の束を持っていますから、1つの観念を手放した所で何も変わらないのです。

それでも心配なら、すぐに新たな観念を創り出していることにも気づいてください。


人には欲がありますから両手いっぱいの観念を持っています。

これ以上追加することができないほどに抱えているのです。

だから、その1つを破壊して新たなものを創るのです。

注意点

冬至についてご説明していると、「今年の冬至(まで)に〇〇しなければ不幸になる!!」と不安になったり思い込んだりする方もいます。

しかし、そのような心配はいりません。

単純に、今年しなければ来年に先送りになるだけです。

それが春分、夏至、秋分、冬至のサイクルというものです。

もし破壊に不安を覚えるなら、この時期に何も行動しなければ自分の周りでは何も起こることはないでしょう。

しかし、先延ばしにしてもこの先破壊を体験することになるので、少しでも出来るところから行動してみることをおすすめします。

冬至で破壊が起きたものは、その崩れた観念の一部を再利用しながら新しい観念を構築する創造のプロセスが始まります。

自分の意識を、自らの意思で再認識して冬至の破壊を楽しんでみましょう。

11月上旬分まで▼
▼ご予約受付中!

スピリチュアルカウンセラーTomokatsuのスピリチュアルセッション 東京オンライン

 

おわりに

色々な観念が崩れたとき、新しい閃きが起こります。

この閃きを大切にして、新たな行動を起こしてみてください。

それがあなたの新しい選択を生み出し、新しいあなたに向かっていくカギになります。

冬至が過ぎると、創造のエネルギーが高まっていきます。

Tomokatsu公式LINEアカウント
『1日1分‼浄化と癒しの7日間レインボーヒーリング』無料プレゼント!
スピリチュアルカウンセリングや講座の募集開始などの最新情報や、お友だち限定無料ヒーリングなどが受け取れます。
友だち追加

↓↓龍の本心が分かる↓↓

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

スピリチュアル情報
スピリチュアルカウンセラーTomokatsu