スピリチュアルメッセージ【悲しみの意味 悲しい時にすべきこと】

大天使アズラエルのスピリチュアルメッセージ

スピリチュアルカウンセラーのTomokatsuです。

今回は大天使アズラエルから受け取った「悲しみ」についてのメッセージです。

悲しさは誰しもが経験するものですが、楽しい経験だったとはなかなか言えません。

悲しさが存在する意味、そして悲しい時にすべきことをメッセージで教えてもらいました。

悲しみの意味

大天使アズラエルからのメッセージ

悲しみは人の心にある作用の1つです。

悲しみを感じない人はいません。

いま有るものがそこから無くなるとき、人は悲しみを味わうのです。

人にこの作用があることを理解してください。

不要な作用であるなら、皆さんの中から既に無くなっているでしょう。

しかし、今もなお皆さんの中に悲しみの作用は存在するのです。

悲しみは、無くなったものへの感謝を伝えるためにあります。

悲しみを味わったとき、あなたは無くなったものを想い、感謝を述べてきたはずです。

今もこれからも、その様にし続けるのです。

悲しみを味わい続けることが好きな人はいませんが、悲しみの先にある感謝を伝えることが好きな人はいるでしょう。

もちろん、感謝は悲しみの先にだけあるものではありません。

喜びや楽しみの先にも感謝は存在します。

悲しみによる感謝をあなたの心の底から行えたなら、もうその悲しみに浸り続ける必要はありません。

無くなったものへの感謝をしましょう。

そうすればあなたの心は悲しみを手放し、次なる希望を生み出すでしょう。

▼スピリチュアルカウンセリング▼
9月分 ご予約受付中!
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 


悲しみを感じたときにすべきこと

大天使アズラエルからのメッセージ


悲しみは誰でも持ち合わせている感覚です。

しかしその感覚は人の行動を制限するため、煩わしさを覚えることもあります。


どんな感覚であっても無駄なものはありません。

煩わしさもその先にある新たな行動を生み出す糧となるのです。

それを人は「悲しみを乗り越える」と言い成長を期待し、称えるのです。

悲しみにより行動が制限されたときは、止まるような感覚になります。

有るものが無くなるとき、悲しみによって一度手を休めて成長する準備に入るのです。


悲しみは他を恨むためのものではなく、悲しみは自分を成長させるためのもです。

だからと言って、悲しみを探して浸らなければならないということではありません。

どのような感覚でも成長することができますから、あえて悲しみを選ぶ必要もありません。

もし今、悲しみを選んでいると気づいたら、行動を生み出す糧と考えるのです。

そしてその次には悲しみではなく、楽しみを選ぶのです。

おわりに

楽しいことばかりが起こる人生の人はいません。

本人がどのように物事を捉えているかによりますが、喜怒哀楽は存在しています。

悲しみが来たときには、無くなったものに感謝をしましょう。

そして、次は楽しみを選んでいきましょう!

Tomokatsu公式LINEアカウント
『1日1分‼浄化と癒しの7日間レインボーヒーリング』を無料でプレゼント!

最新情報や、一般公開していない【スピリチュアル情報・天災に関する情報】が受け取れます。

友だち追加

↓↓龍の本心が分かる↓↓

アズラエル
スピリチュアルカウンセラーTomokatsu