秋分に起こる変化「本格的な見直し」 | スピリチュアルブログ

秋分を機に本格的な「見直し」が始まります

大天使ミカエル

大天使ミカエル

秋分を迎えると人はどう変化するでしょうか?

春分、夏至、秋分、冬至、という周期的な区切りには何らかの変化が起こります。

人は生まれて死を迎えますが、そのシンプルな周期と同様に、日本の四季にも周期があるのです。

この周期を簡単に示すなら、
冬至から夏至にかけて「創造」のエネルギーが高まり、夏至でピークを迎えます。
夏至から冬至にかけて「破壊」のエネルギーが高まり、冬至でピークを迎えます。
春分と秋分はそれぞれの中点であり、「創造」と「破壊」の切り替わりです。

「創造」と「破壊」の関係は2極の関係ですが、この関係にはネガティブもポジティブもないので、わざわざそれらを付け加える必要はありません。
2極の関係ですから、どちらか一方だけでは停滞してしまうということに気づいてください。

左右の足のような関係であり、両方があることでスムーズに前進する事ができる関係です。

「創造」のエネルギーが高まっている時は、新たな計画を考えて行動に移すのに適しています。

「破壊」のエネルギーが高まっている時は、今まで行動していたものを見直して更に良いものを創り出す準備をする時期です。

秋分を迎え、皆さんは本格的な「見直し」が始まります。
あなたが創り出したものをより良いものにするためには、今ある仕組みを俯瞰して、不要な部分を手放し、必要な部分を追加、補強していくのです。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お知らせ

10月のスピリチュアルアドバイス公開収録

9月26日 の「Tomokatsuのスピリチュアルライブ」で10月のスピリチュアルアドバイスを公開収録いたしました。
一足お先に10月のアドバイスを受取ってみてください。
スピリチュアル解説では「虫が知らせるサイン」についてお話をしています。

▼▼ご視聴はコチラ▼▼

ミカエル
スピリチュアルカウンセラー Tomokatsu
error:コピーはできません