複数の存在とチャネリングをする理由 | スピリチュアルブログ

▼YouTubeで生放送▼

分け隔てなく存在たちと繋がる

昨日は「チャネリングに興味と不安を持つ方へ 」というテーマでお伝えしました。

【チャネリングが危険?】そんな情報を集めるから危ない
【スピリチュアル情報ブログ】チャネリングを現役チャネラーが解説。特別な人だけが出来ると勘違いされていますが、本来は誰でもできることです。今までのチャネリングで「危険」を感じたことは一切ありません。

今回は「分け隔てなく複数の存在とチャネリングする」という私の考え方についてお伝えします。

私は、実家は仏教で、カトリック系の学校で学び、趣味は神社めぐりという宗教概念が「ごちゃまぜ」の状態で今に至っています。

日本の文化も、初詣は神社、大みそかは108つの鐘をお寺で聞き、挙式は教会でと、よく見れば「ごちゃまぜ」なところが見つかります。

私と紫瑛さんがチャネリングする対象も宗教概念と同様に「ごちゃまぜ」な状態なのですが、これは単に「いいかげん」や「てきとう」というものではありません。

宗教と文化を越えたチャネリングをする理由

チャネラーとして活動する以前から宗教観について興味があり、本を読み調べていくと宗教は同じゴール地点を指しているということが分かったので、現在の状態に至っています。

宗教のゴール地点は「愛」です。

「愛」へのアプローチ方法の分だけ、教えがあり戒律があり宗教がある

というのが私の結論です。

そのため、1つの宗教にこだわる必要がありません。
キリスト教で登場する天使にも、仏教や神道で登場する神さまにも、エジプトの神さまにも、同じように接しています。
「神さま」として崇められた過去がある宇宙存在たち、「神さま」とされている世界中のアセンデッドマスターたちに対しても同じです。

ごちゃまぜ概念で育ったおかげで、このような結論にたどり着きやすかったのかもしれませんが、この考え方が私たち夫婦の「中立」という理念を作っています。

「ごちゃまぜ」は必須事項ではない

全ては同じゴールに向かっていますが、1つの道にこだわることもとても大切だと思います。
なぜなら、専門性を高めることも「愛」に気づくための行動だからです。

しかし、1つのことにこだわると、辛いと感じたときに抜け出すための道がありません。
その状況も含めて修行と言われるならばそれでもいいと思いますが、私はそのような無理をするならば「他の方法を試す」ということをおすすめします。

今は、学問であっても様々な分野のものを広く取り入れて探求していく手法がとられています。
スピリチュアルも同様に、様々な分野を取り入れることでご自分の求めているものが見つけやすくなっていくと考えています。

 

今回のようなブログを書くときは、シリウスのエネルギーを取り入れています。
頭は冷静でありながら心(ハートチャクラ)は暖かくすることができるからです。

下のボタンには、冷静さを保つためのシリウスのエネルギーをセットしています。
心が落ち着いていく、呼吸が落ち着いていく、ひんやりする色々な感じ方があると思いますので、ご自分の感じ方でシリウスのエネルギーを受け取ってみてください。

error:コピーはできません