魂が帰る場所 | 人は死んだらどうなるのか? | スピリチュアル

Tomokatsuお話会(春分の日スペシャル)

スピリチュアル・チャネリングブログ「魂の帰る場所は・・・」

生き物が死んだらどうなるのか?

スピリチュアル・チャネリング

生き物が死んでしまった後・・・どうなるのでしょうか。

この疑問は2011年の震災があった日からずっと頭の片隅にあるような気がします。
もしかしたら、それ以前かもしれません。
近しい人が亡くなったときにも同じ様に考えたような気がするからです。

チャネラーになってからも、この疑問に関して多くの存在からヒントを受け取ってきました。
今回はスピリチュアルな観点から「生き物の死後」についてお伝えします。

まずは、輪廻転生を受け入れる

チャネリングして色々なことを知ると、「輪廻転生」という概念を受け入れないと、つじつまが合わないことが出てきます。それは、過去世や未来世の存在、自分の今生の目的を知る存在などの「私の魂と繋がりのある(関わりのある)存在」が、『私のチャネリング先』にいることです。

魂が一度きりで死んだとき全てがリセットされ続けるのであるならば、過去にも未来にも私との繋がりがある存在は出てくることはないはずです。
しかし、私はつながりのある存在たちをたくさん知っています。ですから、「輪廻転生」があり、「魂は生き続ける」という捉え方をしていくのが自然だと私は思います。

魂の帰るところはどこ?

輪廻転生の中、今生の肉体が役目を果たすと、肉体の中にある魂(精神やエネルギーとも呼びます)は抜けて出ていきます。

では、その抜け出た魂はどこに行くのでしょうか?

「行く」というよりも「帰る」や「戻る」という表現の方が良いかもしれません。魂は「グループソウル」に帰ります。
グループソウルにはたくさんの魂がいて、いま肉体を持っている魂の様子をうかがい、必要な時に必要なサポートを行っています。肉体を持たない状態が、魂の元の状態なのです。

人間は辛く、グループソウルは楽?

肉体を持つ人間目線で見れば、「転生して地球で過ごすよりもグループソウルでサポート側にいた方が楽なのでは?」と感じる方も多いと思います。実際、私の周りでも「今生で人間に転生するのは最後にしたい!!」と半ば懇願しているような声を聞いたことがあります。

しかし、どっちが楽なのでしょうか・・・私はここに答えを見出せません。

どっちも楽と言えば楽ですし、苦と言えば苦であると思うからです。
私がいま人間であるために、「人間目線での例え話」しかできないので恐縮なのですが(笑)、自動車の運転手と助手の関係を想像してください。カーナビなどの文明の利器は無いと仮定し、次のような条件を付けます。

・運転手は周囲の看板(情報)を頼りに自分の目的地だと思う場所に向かわなければならない。
・目的地は助手の人だけが知っているが、そこまでの道案内をしてはならない。※ただし例外を除く

お気づきだと思いますが、運転手が人間で、助手がグループソウルなのです。グループソウルは一生懸命にあっちこっちを見て運転している人をただただ見守ることしかできません。

目的地を知っているのに伝えられないという状況・・・楽そうに感じますか?

そうそう起こらない「例外」

例え話の条件に書いている「※ただし例外を除く」についてです。
これは本当に例外中の例外で、自分は遭遇しないだろうと思っていてください。その例外とは「人生の目的から大きく離れようとしたとき」です。

例え話で言うなら、「目的地が北海道の札幌のところを沖縄県の那覇に向かう状態?」

いいえ、これでは「人生の目的から大きく離れようとしたとき」には該当しません。まだまだ修正ができると存在たちは言います。

「目的地が北極のところを南極に向かう状態?」

このくらいであれば例外という扱いになりそうです。もっと言うならば、「生きなければならないのに死んでしまう」という状態が例外に該当します。
この例外に該当したときは、助手席に座っているグループソウルは一言だけ発することができます。

「そっちではない!」

こういう状況でも、グループソウルは目的地を教えてはくれません。

このお話続きます・・・

長くなってきましたので、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。
魂のお話はまだまだあります。次回をお楽しみに。

 

今回は大天使メタトロンのエネルギーをセットしました。
魂のサポートをしているグループソウルにいる天使ですから、私たちは必ず会ったことがある存在です。
会ったことがあるからこそ、懐かしさを感じるかもしれません。

下の方に掲載している彩雲バナーを押して、メタトロンのエネルギーをハートチャクラに受け止めてみてください。

2つのブログランキングに登録しております。
最後にバナーを押して頂けると助かります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

スピリチュアルライブ放送後記

2月15日にYouTubeで配信いたしました「Tomokatuのスピリチュアルライブ」いかがでしたでしょうか?

いつもの写真鑑定の他、世を賑わしている新型コロナウイルス(COVID-19)に対する「備え」について再確認しました。


【放送トピック】

  • 新型コロナウイルスを受けて「備え」の確認 0:14:11
  • Tomokatsuの写真鑑定
    • 芦ノ湖で撮影されたUFO雲の写真 0:35:15
    • 羽の雲と龍の雲の写真 0:38:21
    • 龍の雲と龍に乗る女性の雲の写真 0:41:48
  • Tomokatuのボーカルチャネリング 0:46:40
    -アセンデッドマスター・アマテラスの今必要なメッセージ-

放送はこちらからご覧ください。

スピリチュアル情報
Tomokatsu Official Site
error:コピーはできません