霊感に悩んだ幼少期と現在のチャネリング | スピリチュアル

チャネリングとチャネラー

明日からは、チャネリング講座「第4期マスターキーチャネラーコース」がスタートします。
お一人お一人のチャネリングを見て、チャネラーとしての階段を昇っていくお手伝いをしますので緊張しますが、それ以上にワクワクしています。

そんなワクワク真っただ中の私なので、今日はチャネリングについてお伝えしたいと思います。

マスターキーチャネラーコースの説明会でもお伝えしていますが、「チャネリングは皆さん行っていること」です。
そのチャネリングを自ら意識して行う方をチャネラーと呼んでいます。

幼少の頃の霊感

私は小学生から中学生1年くらいまでの間、いわゆる「霊感」に悩んでおりました。
金縛りや人影を見たり、声を聞いたりと・・・
お化け屋敷も怖くて入れない私の身の回りには、他の人には見えない怖い存在で溢れていました。

しかし、大人になってからこの「霊感」がチャネリングであったと知り、そのメカニズムも分かったのです。
今から30年くらい前、私が小学生だった頃「心霊ブーム」「UFOブーム」が原因でした。
テレビの特番では心霊写真やUFOについて頻繁にやっていて、怖さよりも好奇心が勝っていた当時の私は、そのような番組が大好きでした。
「知りたい、知りたい」という思いによって、チャネリングのスイッチが合ってしまったのです。

楽しいチャネリング

「怖い話をすると霊がやって来る」と言われていますが、その通りです。
自分が「知りたい、知りたい」「怖い体験をしたい」と意識することで、そこにチャネリングのスイッチが合うのです。
逆に考えれば、そのような「怖い体験をしたくない」と意識すればスイッチは合うことは絶対にありません。

そこに気づいたとき、私はもっと楽しい存在たちに繋がる事ができるようになりました。
今繋がってメッセージを受け取っている、天使、龍、日本の神さま、アセンデッドマスター、宇宙存在などが私の楽しいチャネリング先です。

 

この私の実体験から得た、チャネリングを自由に楽しむ方法をまとめたものが「マスターキーチャネラーコース」です。
現在は、2019年1月授業スタートの第5期生を募集中です。

もし、ご自分にとって都合の悪い存在に繋がっていると思っている方は、ご自分の意識を変化させてみてください。
そのきっかけはどんなものでも構いません。

ただ一つはっきりしているのは、
どのような存在だったとしても、「その存在に繋がっているのは自分自身である」
ということです。
誰の仕業でも、場所でもなく、自分の中に原因があります。

今日は大天使ウリエルさんのエネルギーをセットしました。
私が大人になって、「楽しい存在」として一番初めに繋がった存在がウリエルさんでした。
彼は私に、あらゆる事について「バランス」を意識するようにメッセージをくれました。
色々な偏りのある思考の真ん中を意識させるようなサポートです。
ポチッと押してみてください。
皆さんの元にもウリエルさんが現れ、自分にとっての「バランス」「真ん中」に気づくためのきっかけが届くでしょう。

下の虹色バナーと押すと、
本日のエネルギーが届きます。

スピリチュアルランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

エネルギーを受け取っていただき、
ありがとうございます。

 

↓とてもわかりやすい 龍の教科書↓

 

チャネリング講座「第6期マスターキーチャネラーコース」説明会

おかげさまで、第6期マスターキーチャネラーコースは、「東京での対面座学タイプ」「マンツーマン・オンラインタイプ」共にお席僅かとなりました。ありがとうございます。

本講座について改めて説明会を開催いたします。
2月の説明会以降お問い合わせの多かったことなどについて、今回の説明会でお話させていただきます。

3月24日(日) 20:00~21:00

YouTubeLiveでの配信となります。
Live配信後は動画としていつでもご覧いただけます。

下記のバナーからご覧いただけます。

チャネリング講座第6期マスターキーチャネラー説明会

 

\7種類のチャネリングが身につく講座/
5月授業スタート!6期生募集中
【チャネリング講座】マスターキーチャネラーコース

\オーダーメイド・ヒーリング/
4月5日新月、4月19日満月【オーダーメイド・ヒーリング】宇宙連合の「叡智」によるエネルギートリートメント

\チャネリングの基礎が身につく/
4月14日(日)・東京
スピリチュアル講座のハロー!マイハイヤーセルフ

\金龍アーロンと銀龍ミタから学ぶ/
4月16日(火)・東京
スピリチュアルな龍の講座プレドラゴンライダー

気づきの話
シェアする
Tomokatsu Official Site
error:コピーはできません