【胎内記憶、天使】見える子どもの特徴と理解 | スピリチュアル

Tomokatsuお話会(春分の日スペシャル)

▼ランキング参加中▼
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へクリックでの応援よろしくお願いします

子どもの純粋さとチャネリングの関係

先日マスターキーチャネラーコースの修了生さんたちと胎内記憶や転生前の記憶、オーラや天使、エネルギーが感じ取れる子どもたちの話をしていました。

その中で、私の少年時代の体験「見えないものが見える時期」と共通する部分が多くあって驚きました。

更に驚くべきことに、この能力は中学生くらい(13歳~15歳)になると無くなってしまったというのです。

これもまた私の少年時代の「見えないものが見える時期」が終わった時期と一致します。

なぜ、中学生くらいになると無くなってしまうのでしょう?

 

それでは、その答えを探しに行きましょう。

疑問

エネルギーが感じ取れる子どもたちは「オーロラチルドレン」

「オーロラチルドレン」という言葉は私が創り出した言葉なのですが、

インディゴ、クリスタル、レインボーの特徴が混ざり合った子どもたち

のことを意味します。

オーロラチルドレンは「エネルギーを感じ取ること」を生まれた時から利用しているので、生粋のチャネラーと言えます。

「エネルギーを感じ取ること」をチャネリング、自分の意のままにチャネリングする人をチャネラーと呼びます。

エネルギーワーク(オーダーメイドヒーリング)はさらに楽しく生きるためのエネルギー調整

当たり前のように使う時期は短い?

オーロラチルドレンはそのまま大人になったらチャネラーになると思います。しかし、今現在その様になっている方たちは少ないでしょう。

逆に、中学生くらい(13歳~15歳)になると無くなると言われています。

 

私の少年時代の話になりますが、私は「霊感」というチャネリングをしていました。小学校では自慢げに友達に披露していましたが、四六時中「見える状態」なので、登下校に電柱の横に人影を見たり、就寝中に起こされたりと困った部分も多くありました。
そして、中学時代では、友達にも披露することなく、ただの迷惑な能力でした。

そんなある日、パタリとその能力が無くなります

そこから社会人時代まではチャネラーから離れた生活を送ります。

その後あるきっかけで、「霊感」がチャネリングであると理解し、再びチャネリングを使い始めてチャネラーとしての今の私が誕生しました。

詳しく知りたい方は私のプロフィールをご参照ください。

【スピリチュアルカウンセラー・チャネラー 】Tomokatsu
【東京・オンライン】講座、個人セッション、オーダーメイドヒーリング。著書「金龍・銀龍といっしょに幸運の波に乗る本」(青春出版社)スピリチュアルカウンセラー・チャネラー夫婦のTomokatsuと紫瑛。

 

中学時代に無くなったと思った「霊感」が、大人になって再びチャネリングとして利用できるようになったという実体験から言えるのは、

チャネリング能力は無くなったのではなく、何らかのきっかけで封印もしくは利用しなくなった。

ということです。

例えば、中学時代で心の変化「思春期」を迎え、天使などの目に見えないものの話をすることが恥ずかしいと感じたりすると、自然に利用しなくなるきっかけとなります。

残念ながら私は中学時代のこの頃の記憶がないので原因がハッキリしませんが、私の場合は能力を迷惑と感じていたので「封印」したという方が腑に落ちます。

 

子どもたちが利用し続けるためには?

身の周りの人たちの理解」が重要です。

私の場合は家族に霊感の話はできませんでした。そのような事に理解されないと思っていたからです。

しかし、冒頭で紹介した胎内記憶や転生前の記憶、オーラや天使、エネルギーが感じ取れる子どもたちはご両親に自然な形で共有しています。

この共有に感謝し、大切な情報であることを素直に伝え続けてください。

そうすることで、自分の行っていることに「自信」が生まれ、使い続けてくれるでしょう。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2月29日 20:00~ 生放送!

2月29日にYouTubeにて「Tomokatuのスピリチュアルライブ」を生放送いたします。

皆さんのご質問にお答えし写真鑑定と、今回は免疫力を高める「瞑想」のお話をします。

スピリチュアル情報
Tomokatsu Official Site
error:コピーはできません