結の花:沖縄県西表島の銀龍|スピリチュアル龍の言葉 第11回

西表島の銀龍さんのチャネリングメッセージ

全国の龍からのメッセージをお届けする龍の言葉🐉の11日目。
今回が最終回となります。
今日は、西表島の銀龍さんです。
西表島には大きな銀龍さんがいます。自然のエネルギーを凝縮したような大きな銀龍さんが島々を飛び回ります。

西表島

人は繋がっていく生き物です。
人以外のものたちは繋がっていくことを知っています。
人も本当は繋がっていくことの大切さを知っています。

何で繋がりを拒むことがあるのでしょう?

まだ結いの花が咲いていないから。

蕾の結いは、怖さの結い。
まだ見ぬ怖さを感じているから蕾の結いなのです。

周りを見てみましょう。
よくよく見てみましょう。
結いの花を咲かせている人が見えてきます。

咲かせている人の真似してみましょう。
きっとあなたの結いも花開くでしょう。

皆の結いの花が咲いた時、そこには大きな輪ができます。
輪ができた時、その輪の意味が分かるでしょう。

結花繚乱、百花繚乱。
素敵な花が咲きますように。

 

今日は西表島の銀龍さんのエネルギーと繋げています。
西表島の銀龍さんは今まで繋がってきた銀龍さんとは違う感じがします。
全ての繋がり(結い)をサポートしている銀龍さんなので、エネルギーを受け取ると懐かしい人の顔が浮かんだり、人に会ってみたくなるかもしれません。結いの花のエネルギーです。
感じにくい方は今回ご案内している「金龍と銀龍の癒しのワーク」をお試しください。