【薬も毒にもなる】本質を知る意味 | スピリチュアル

元を見ることで、扱い方が分かるようになるだろう

タケミカヅチからのメッセージ

世間を見たときに「良い」「悪い」と思うことがあるだろう。それは自分にとって薬となるか毒となるかを自分なりに感じ取っていること。もし、何も考えなければ永遠に無知のまま、操縦士のいない乗り物と同じこと。

そこでまた嘆いてはならない。嘆く時間があるなら、世間の「良い」「悪い」の元となる本質まで目線を持って行くこと。すると、思考が一変するだろう。

ある人はなぜそれを「良い」と言うのか?

ある人はなぜそれを「悪い」と言うのか?

自分の中に「良い」「悪い」というものが有ったとしても、本質まで目線を下げるためには他人が発している言葉として考えなければならない。

▼スピリチュアルカウンセリング▼
9月分 ご予約受付中!
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

ある人が非常に現代に沿わない時代遅れな発言や態度を示しているとする。

あなたはそれを「良い」「悪い」とするのではなく 「なぜ時代遅れな発言や態度を示すのか?」として考える。すると、ある人の歩んできた人生から本質が見えて来る。

本質が見えたとき、自分の心を眺めてみて欲しい。ある人の発言や態度が自分にとって重要ではなくなっていて、今までは一喜一憂、感情に飲まれていた心が非常に穏やかであることに気づくだろう。

これが本質を知る意味で、最後は自分の心の平穏を生み出すことに繋がる。「良い」と決めても「悪い」と決めても先には心の平穏は無く、いつまで経っても心は揺れ続けるだろう。

Tomokatsu公式LINEアカウント
『1日1分‼浄化と癒しの7日間レインボーヒーリング』を無料でプレゼント!

最新情報や、一般公開していない【スピリチュアル情報・天災に関する情報】が受け取れます。

友だち追加

↓↓龍の本心が分かる↓↓

タケミカヅチ
スピリチュアルカウンセラーTomokatsu