【身体に流れるもの】血液の様に廻る「気」 | スピリチュアル

目に見えない流れがあるのです

アセンデッドマスター・ヒラリオンからのメッセージ

目に見えないものを受け入れることができるなら「気」について考えてみて下さい。「気」というのは身体の中を廻る血液のようなエネルギーのことを言います。

「気」だけでなく「精神」「活」とも呼ばれ、全て同じものを指しています。

目に見えないエネルギーがなぜ身体を廻っているのでしょう?

血液と同じように滞ってはいけないエネルギーであることは理解していると思いますが、実際にどのように作用しているかは知らないかもしれません。

▼スピリチュアルカウンセリング▼
9月分 ご予約受付中!
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

気(精神)は常に身体の中を廻り続け、意識できる状態にしています。この気が滞ると滞った部分の身体を感じる事ができなくなります。肉体があっても、その部位が感じられなくなってしまうということです。

意図的に気を意図的に一部に集め、その一部しか感じられなくして集中力を高めることができるのはこの仕組みを利用したものになります。

また、ある部位の肉体が無くても、そこに気を廻らせることでその部位を感じる事ができます。

気を利用すれば意識することも、消すこともできるのです。

Tomokatsu公式LINEアカウント
『1日1分‼浄化と癒しの7日間レインボーヒーリング』を無料でプレゼント!

最新情報や、一般公開していない【スピリチュアル情報・天災に関する情報】が受け取れます。

友だち追加

↓↓龍の本心が分かる↓↓

ヒラリオン
スピリチュアルカウンセラーTomokatsu