【頼れば頼られる】自己都合の限界を見極める | スピリチュアル

全てを自分の思惑通りに進むことはありません

アセンデッドマスター・モーセからのメッセージ

アセンデッドマスターのモーセ

自分自身を愛し続けると、無理と感じるものに興味が薄れていきます。自分のために自分の力を使う機会が多くなるからです。

しかし、この状態を永遠に続けるとどうなるでしょう?

簡単に言えば「打たれる」ことになります。

自己愛が過剰になってくると突出した釘のような状態になっていき、突出した釘は周囲に人にとってはスムーズに事が進まない「引っかかる状態」となるのです。ですから、その突出したものを解消するために周囲から打たれるのです。

これだけでは自分自身を愛すことがとても恐ろしいことに聞こえいるかもしれませんが、安心してください。ちゃんと自分を愛しても問題ない方法があるのです。

それは、自己都合の限界を見極めるという方法です。世の中は平等ですから、先ほどお話した突出した釘な状態を平坦の平等状態に近づける力が働きます。

自己都合をどの段階まで押し通したときに「打たれる」のかを見極めるということです。

▼スピリチュアルカウンセリング▼
9月分 ご予約受付中!
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

全て自分の思惑通りに進められる人はいません。

もし、身近に「全てが自分の思惑通り!」と豪語している人がいたなら、その人は自分の思惑を臨機応変に変更して「思惑通りに進まない!」というネガティブな状態を回避し続けているのです。このような人を自己都合の限界を見極めた人というのです。

人の力を頼れば、あなたの力を頼りたいという人が現れます。

全ては自分のためにあることを認識する事ができれば、頼られることも自分の思惑通りに進めるために必要なプロセスであると気づくでしょう。

Tomokatsu公式LINEアカウント
『1日1分‼浄化と癒しの7日間レインボーヒーリング』を無料でプレゼント!

最新情報や、一般公開していない【スピリチュアル情報・天災に関する情報】が受け取れます。

友だち追加

↓↓龍の本心が分かる↓↓

モーセ
スピリチュアルカウンセラーTomokatsu