【過去が存在する意味】今生を進むための力 | スピリチュアル

「過去」も「過去世」も進むための力なのです

アセンデッドマスター・ブッダからのメッセージ

アセンデッドマスターのブッダ

過去や過去世に囚われたがる人がいます。

これには良いことも悪いことも同じように囚われる人がいると知って下さい。

  • 過去にとても良い思いをしたことを今でも起こると期待し続けている囚人
  • 過去に悪いことをしたことが今の不幸と繋げている囚人

この二つは同じ囚われの人であるということです。

過去に対する思いを改め、囚人から足を洗うのです。

そのためには「過去がなぜ存在するか?」を理解することが必要です。

▼8月分 ご予約受付開始!▼
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

過去には先に伝えた通り「良い」「悪い」の2種あります。

まずは「良い過去」について、
これは単純に期待が膨らみ過ぎていることで今を生きることが楽しくない状態となっています。

過去の良かったことを期待しても良いですが、何より大切なのは「今の手持ち」です。

過去や過去世で手持ちが多くあらゆることができていたとしても、今の手持ちが少ないのであれば過去の出来たことを期待しても仕方がありません。

昔は若く体力もあったから大きな山の頂に立つことができたのです。今の年齢ではその山に挑む手持ちはないと気づくことです。

そこに気づくことができれば、今の手持ちの中でできることが見つかります。大きな山ではなく小さな山に挑む意識や、大きな山に挑んだ経験を他人に伝えることもできることに気づくでしょう。

 

次に「悪い過去」について、
これは今の不幸に目を向けずに過去に行った過ちのせいとして転嫁している状態です。これでは今を楽しくするどころか過去の清算と称して楽しくないことばかりを選択するようになります。

過去の悪さに注目し続けるのではなく、そこから「光明を見出す」のです。

人の心はどのタイミングでも変わることができます。改めようと思えばその瞬間から改められるのです。

過去に囚われ続けると所々で「うんざりする感覚」や、このままではいけないという「改心する感覚」が芽生えていることに気づくことです。この気づきがあなたの光明であり、あなたを今生に引き戻す力となるでしょう。