【静かな月夜に思う】自分の思いと他の思い | スピリチュアル

何より自分の思いに素直になること

アセンデッドマスター・ブッダからのメッセージ

アセンデッドマスターのブッダ

月の美しい夜は心を沈めることが容易です。

ただ月を眺め、月がなぜ自分を照らしているかを考え続けるのです。

その答えはあなたの心を沈めるための財となるでしょう。

あなたのために月は輝き、あなたの心に光を送るためにあります。

 

どんな徳を積んでも、他人の心を見透かし、動かすことはできません。

徳を積めば積むほどその意味がわかるでしょう。

心に触れることができるのは自分だけ、動かすことができるのも自分だけです。

つまり、自分の思いしか庇護することができないということです。

▼8月分 ご予約受付開始!▼
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

自分の心しか知ることが出来ない世にいて、自分の心や思いに従わずに生きるとは、どんな思いにも争い続けている人に見えます。

それがその人の思いであるなら止めはしませんが、そのような人はこの世にいないと思うのが私の思いです。

だから私はあなたにも他の人にも問い続けています。

自分の思いに耳を傾け、素直になっているか?と。