【不定期な人生】顔を上げて、前を向いて | スピリチュアル

定期な人生ほど退屈なものはありません

アセンデッドマスター・イシスからのメッセージ

人は退屈を嫌います。

なぜなら、生きている意味を感じないからです。

その反面、度重なる変化も嫌がります。

「適度な変化」は生きている実感を味わうことが出来ますが、

上限を超えた変化は実感を味わう余裕がなくなってしまうからです。

何事も適度に感じていなければならないということです。

 

さて、そんな中で、全てを把握し定期的な生き方を意識しようとする人がいます。

決まった出来事に決まった行為をするという生き方です。

これは「適度な変化」とは言えません。

どちらかと言えば、退屈する生き方になるでしょう。

それを知っている周囲のあなたを護る存在たちは、

あなたの前に定期的な出来事を提供しないのです。

だから、あなたがどれだけ望んでも、定期的な生き方にはならないのです。

▼6月分 ご予約受付中▼

 

あなたを護る存在たちは、

あなたが前を向いて適度な変化と向き合い続けることを望んでいます。

 

顔を上げ、前を向いてみて下さい。

そこには暗闇はありません。

雲の切れ間から日が射し、あなたが向かう先の土地を知らせています。