【人を呪わば穴ふたつ】策略家は眠れない | スピリチュアル

行えば自分へ必ず返り、行わなければ自分へ必ず返らない

アセンデッドマスター・スサノオからのメッセージ

幸せを感じたければ、相手を幸せにできることを考えること。

そうすれば周囲はあなたのことを考えて行動するようになります。

その時にあなたがしっかり「幸せ」を重んじていれば、周囲も「幸せ」を重じるようになります。

しかし、すぐに結果が出るとは限りませんし、特定の人や出来事から返ってくるとは限りません。

あなたの目の前に居合わせた疲れきった表情の人に座席を譲ったとしましょう。

「どうぞ」と声をかけ、笑顔で席を譲ったにも関わらず、疲れきった人はあなたの笑顔に見向きもせずに空けた席に座ります。

決してあなたの行為が無駄になったのではありません。

必ずしもその疲れ切った人から、あなたの行為に対する返信があるわけではないのです。

その行為を遠くで見ていた人があなたに好意を抱くきっかけとなり、最終的には良きパートナーとなるかもしれませんし、仕事の得意先の人が見ていたとしたら仕事が回ってくるかもしれません。

あなたが席を譲ったことであなたの世界は幸せに傾くのです。

▼6月分 ご予約受付中▼

 

この仕組みを理解したとき、呪詛を唱える気にならなくなるはずです。

その呪詛は必ず自分に返ってくるからです。

もし、自分の周りに不満が多いなら、それはあなたが周囲を不満にさせる行動をとっているのです。

「周囲が自分に対して不満ばかり言う」という文句、それに対する呪詛は状況を助長させるのです。

あなたが行っていることが今返ってきています。

それを肝に銘じて今の行動を見直すのです。