【自身の謹慎を解く】許しの繰り返し | スピリチュアル

謹慎に気づき、それを許す

アセンデッドマスター・空海からのメッセージ

アセンデッドマスター・空海

許すことは甘えではありません。

自身を甘やかす行為は許しから湧き上がるものではないのです。

許しは自身の謹慎に気づいたときに行われます。

様々な物を見て感じ、自分の行動を検め始めます。

人は成長するためにこの検めは止められないという事を知っておいてください。

自分の行いを検めて厳罰に処すことで謹慎となるのです。

謹慎もまた良いものです。

謹慎の数を数えてはいけません。

謹慎は先ほども伝えた通り「許すため」にあるものですから、謹慎に気づいたら許すことを考えれば良いのです。

▼6月分 ご予約受付中▼

 

許しを繰り返してください。

自身の謹慎に気づいたときは速やかに許すことを考えるのです。

そして、周囲の発言や行動に対しても同じように許すことを考えるのです。

許せば許すほどに謹慎の重さから解放されるでしょう。

今起こっていることにどの様な謹慎処分をしているか?

どこに自分の無理があるかを見極めてください。

それを好きなだけ許してください。