【自分を信頼して変容する】罪悪感を手放す | スピリチュアル

自分のできなかったことを信頼する

アセンデッドマスター・キリストからのメッセージ

アセンデッドマスターのキリスト

他人を信頼するためには、自分を信頼しなければなりません。

それは、自分が納得できない選択をしようとしても信頼するということです。

難しいようですが、非常に単純なことであることに気づいてください。

自分自身を罰しすぎないようにするのです。

人は約束を忘れることがあります。

交わしていた約束を忘れたことに対し、繰り返さないように対策を講じることは大切ですが、約束を忘れてしまった行為を永久に罰し続けてはいけないのです。

約束を忘れたのは、繰り返さないように対策を講じるためだからです。

あなたの抱えている罪悪感を増大させるためではありません。

▼6月分 ご予約受付中▼

 

繰り返さないように対策を講じることができたなら、あなたは十分に自分自身を信頼していることになります。

次なる希望をしっかりと見据え、顔を上げることができているからです。

雨が降る地面は水が溜まり、泥が跳ね、良い状態とは言えません。

しかし、空を見上げれば厚い雲が薄くなり、明るい空となり、雲の切れ間から光が刺すようになります。

顔を上げることは、罪悪感から抜け出す力を生行為です。