手っ取り早く幸せになる方法はありません | スピリチュアル

「インスタント幸せ」を求めるのは依存体質の第一歩

今回は幸せについてお話ししていきたいと思います。

私も含め人や動物、植物、土、石、目に見えない存在、ありとあらゆる全てのエネルギーが存在する意味は「幸せを味わうため」です。

何で私は遊園地に遊びに行くのですか?
アトラクションで楽しんで幸せを味わうためです。

何で私はコロナウイルスでステイホームするのですか?
感染リスクを避け、安心という幸せを味わうためです。

何で私は他人に合わせてしまうのですか?
その場の安定を第一に行動し、平和という幸せを味わうためです。

このようにどんなことも幸せを中心に考えられるわけですが、これは人生という時間を費やして体験した結果として得られるものですから、

お湯を入れて、3分待ったら出来上がる

とはなりません。

一瞬でできる「インスタント幸せ」は、一瞬で満たされる代わりに一瞬で枯渇してしまいます。

これが依存を生み出すメカニズムになるので、スピだけでなく色々な業界で利用されている手法です。

依存をしたくないと思うなら「インスタント幸せ」を与えないこと、受け取らないことを意識してみましょう。

それでも早く幸せを味わいたい!

その気持ちはよくわかります。

私もできるだけ早く皆さんに幸せを味わってもらいたいと探求し、現在いくつか近道は見つけていますので紹介します。

たくさんの著者の本を読む

今も昔も伝え残しておきたいものは本として残されます。

本には研究、探求の経緯や結果がまとめられていますので、読めば読むほど早く幸せを味わう手段が見つかります。

更に特定の著者は決めずに本を読むことで色々な視点で近道を探ることができます。

もちろん、途中で読むのを止めても大丈夫です。そういう直感も鍛えるトレーニングと思いながら本と向き合ってみてください。

インターネットの情報は?

本の様にインターネット上にある情報にも近道はたくさんあると思います。

私もたくさん近道になればと思い、願いながら発信しています。

しかし、発信する手間が容易になるにつれて「インスタント幸せ」の情報が多くなっていき、近道になるような情報が少なくなっていくように思います。

恐らく皆さんが目にしている「一瞬で幸せに!!」という謳い文句は本ではなくネットの情報からではないでしょうか?

ですから、ネットの情報も読書と同様に鵜吞みにせず、直感も鍛えるトレーニングと思いながら向き合ってみてください。

▼6月分 ご予約受付中▼

 

自分の視点だけにこだわるのを止める

こだわりというものは持っていて損はありません。

人生の目的を確認する際に「こだわり」の中からその目的を見つけることが多いからです。

しかし、ただ頑なにこだわり続ければ良いというものではなく、柔軟性も大切です。

私はその柔軟性の事を1つの物事を多方向から見るようにするとか俯瞰して全体を眺めると説明していますのでそのような表現で聞き覚えがあるかもしれません。

  • 押してもダメなら引いてみる
  • 急がば回れ

というような柔軟な感覚が大切です。