【出る杭は打たれる】平を求める人々の行動 | スピリチュアル

出る杭を打ちたくなる理由は・・・

アセンデッドマスター・ソロモンからのメッセージ

出る杭は打たれる

これはごく自然なものであって、自然界では当たり前のように行われているものです。

草食獣は肉食獣からの被害を最小に抑えるために群れを作り、万全の注意を払い続けています。

「出る杭」というのはこの草食獣で言うならば群れから外れる事で、外れてしまった草食獣は肉食獣の標的となって見事に「打たれて」しまうのです。

植物でも同じで、1つの大樹が陽の光をすべて奪うように葉を広げて「出る杭」となった場合、地面の草花は腐り、大樹は根元から草花と一緒に腐ってしまうことでしょう。

出る杭というものは、自然界のような均衡を保つものたちにとっては元に戻す対象となってしまうのです。

人はこの出る杭に対して何を行うのでしょう?

人も同様です。

今の状態を維持するために多くの人は元に戻そうということをするのです。

しかし、ここで勘違いをしている人も多くいます。

全ての行動や主張が「出る杭」ではありません。

 

何でもかんでも元に戻す対象とされ、何も動けない状況があると感じているならば、

今はその方向に行くべきではない

ということに気づくことです。

どんな物事であっても必ず打つ手はあると言っておきましょう。

別の方法を試したとき、以前の苦労はこのためにあったのだと知ることが出来るでしょう。