【助けを求める事は負けではない】助けの意味 | スピリチュアル

人は何かに寄りかかる生き物です

アセンデッドマスター・キリストからのメッセージ

アセンデッドマスターのキリスト

いつからか人は1人で生きていると思うようになり、助けてもらう事を「甘え」や「過ち」と捉えるようになりました。

人には色々な趣味嗜好があり、向き不向きがあり、好き嫌いがあり、出来る事と出来ない事があります。

そこに気づけば、1人で生きているという感覚は幻想に過ぎないことが分かるでしょう。

 

隣人が1人で歩いてここに来れたとしても、あなたが1人で歩いてここに来なければいけないという事にはなりません。

あなたは隣人と比較したり、他人から言われるなどして「1人で歩いて行かなければならない」と、あなた自身を呪縛しているだけなのです。

 

▼8月分 ご予約受付開始!▼
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

 

助けを求める事は自然な事であり、勝ち負けで推し量るものではありません。

ただ自分を楽にするための行為ですから、遠慮せずに寄りかかってしまうことです。

 

しかし、大切なことがあります。

これは何よりも大切な事です。

遠慮せずに寄りかかったなら、遠慮なく寄りかからせなければなりません。

これを忘れずに過ごすことが出来たなら、あなた自身で生み出している呪縛は解かれるでしょう。