【視野の狭さは心の狭さ?】狭さの秘密とは | スピリチュアル

狭さにこだわる事が「狭い視野」なのです

アセンデッドマスター・モーセからのメッセージ

アセンデッドマスターのモーセ

狭さを感じることは大変良いことです。

今ある世界を広げるためのきっかけを捉えたのですから、夜明けが近いことを意味します。

だからと言って「狭さ」ばかりを探してはいけません。

なぜなら、それ自体は視野を狭くしてしまう行為となるからです。

 

矛盾しているようですが、そうではありません。

狭さは全体が見えていなければ気がつかないのです。

無論ここで言う「全体」は視野を広げる前のものであって、この「全体」が狭さに気づくと新しい「全体」となると言うことです。

 

あなたの中にある、現在の常識が新しいものに書き換わり、新しい全体が生まれます。

このきっかけが世の狭さを感じるということなのです。

 

▼大幅割引中!残りわずか▼
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuのスピリチュアルカウンセリング<人間関係 恋愛 仕事>

 

 

全体が見えていると、その全体が広くなると言いました。

この仕組みを知っている人はどのような人になるでしょうか?

小さなことで右往左往する人ではなく、全体を見て次の手を考えているように見える人になります。

 

視野が狭く右往左往すると感情も安定しません。

それが心が狭いという状態です。

 

心を広くしたいと思うなら、今ある全てを見渡して把握することです。

そうすれば、自分の視野の狭さに気づくことができるでしょう。