【高圧的な言葉の意味】恐れから身を護る感情 | スピリチュアル

なぜ人は感情を荒げるのか?

アセンデッドマスター・スサノオからのメッセージ

日本のアセンデッドマスターのスサノオ

人は感情があり、その感情を時に荒げます。

それは無知や未熟さを隠すための護身としての役割があるからです。

その他には自身の望みが叶わなかったときの憤りを表すものも同じ感情です。

今回は護身としての感情についてお話をしましょう。

 

高圧的な言葉をあなたに投げかける人がいたとしましょう。

あなたが未知の言動や態度をとっていることを受け入れることができていないと、その人は自身の無知や未熟さに気づかずにあなたの責任であると転嫁します。

そのような状況をあなたが体験したときは、相手が身を護るための行為であると捉えるのです。

そうすれば、あなたは相手の感情に揺さぶられても、立ち直りが早くなるでしょう。

 

▼大人気の個人セッション▼
5月のオンラインセッション受付開始!!
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

自身の望みが叶わなかったときの憤りを他人にぶつける行為は、単に八つ当たりというものです。

あなたがこの八つ当たりを体験したときの学びは反面教師であり、同じことをやり返したり、他の人にあなたが八つ当たりしてはいけません。