【去るものは追うべき】大切なのは「追い方」 | スピリチュアル

去っていくことを名残惜しく感じたら追うのです

アセンデッドマスター・キリストからのメッセージ

アセンデッドマスターのキリスト

あなたの前にあるものは、
壊れたり、無くしたり、何は目の前や手元から去っていきます。

それはあなたの所有物もあれば、そうでないものも含まれます。

全てがそのルールの上にあり、
あなたは必ず去るものについて考える機会が与えられます。

 

そこであなたは毎回考えなければなりません。

 

それを追うべきかどうか?

 

人であれば呼び止め元の場所に引き戻すためにつとめ、
物であれば壊れた場所や調子の良くない場所を見つけて直すこと。

それが「追う」と言うものです。

 

▼6月分 ご予約受付中▼

 

 

ただ逃げるものを追い回すことは「追う」とは言えません。

それは結果として「逃がす」と言うことになります。

相手の事情も考えずに私利私欲のために追い回してしまえば、
人であればあなたの見つからないところに逃げようとしますし、
物であれば修理ができないくらいに壊れてしまうことでしょう。

 

あなたは再び考えなければなりません。

 

自分の「追う」は「追う」であるか?

 

あなたの目の前から去ることを決めた人は何らかの決断により行動に移しています。

その決断をした理由をあなたなりに考えなければならないのです。

あなたはその理由をしっかり考え行動に移したとき、
あなたの「追う」は「追う」として機能するようになるのです。

 

追い方をしっかりと考えなければ、
あなたはいつまでも逃し続ける選択を続けるでしょう。