【日々楽しむ秘訣】批判や批難は身を削る行為 | スピリチュアル

良くも悪くも「自分がしたこと」です

アセンデッドマスター・ソロモンからのメッセージ

 

 

「楽しい」という気持ちはどこからやって来るか知っていますか?

自分の好きなことをしている姿を思い浮かべれば簡単なことです。

 

スポーツが好きな人は試合で汗を流しているときかもしれませんし、自分の思い通りのプレーが出来ているときかもしれません。

このような肉体を動かすものにはこのような言葉があります。

「心地良い汗をかく」

好きなことをやって楽しんだ結果、汗が出る程の運動量でも心地良く感じるということです。

これが楽しくない運動であるなら、楽しくもなく、心地よくもありません。

 

楽しい気持ちはどこからやって来るのか気がついたでしょうか。

全てあなたにとって前向きなものからやって来るのです。

 

▼6月分 ご予約受付中▼

 

 

日々を楽しんでいくという生き方の中で、不平不満を呟き続けるという人がいます。

その対象は自分でも他人でも結果は同じで、不平不満は前向きなものから出てくるものではありませんから、どんなに呟き続けても楽しくはなりません。

結果、このような人はちっとも楽しくならないので更に不平不満を呟き続けているという状態に陥ります。

 

この状態は一生続くのでしょうか。

一生は続きません。

なぜかと言うと、批判や避難のような前向きではない言葉や態度は自分自身の身をどんどん擦り減らしていますから、いずれは行動することができない状態になるでしょう。

これが不平不満を呟き続けた人の歯止め、終着点になるのです。

 

日常を楽しみたいなら、どんな時でも前向きな考えを持ち「心地良い汗をかく」感覚を忘れてはいけません。

もし、心地よくない汗をかき始めたら、新たな楽しめるものを探さなければならないのです。