【愛ゆえの過ち?】愛への責任転嫁 | スピリチュアルブログ

過ちを犯してよいというのではなく・・・

大天使ガブリエルからのメッセージ

愛は全てであり、全ては愛です。

この考え方を持つと「愛ゆえの過ち」ということもあって良いように思うかもしれません。

しかし、愛には過ちはありません。

なぜなら、愛は極性を持たないからです。

 

自身で「過ち」と感じているものを推し進めることは、罪悪感を生むきっかけとなります。

その罪悪感を自身で和らげるために「愛」というものに責任転嫁しているだけなのです。

 

▼8月分 ご予約受付開始!▼
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

 

自分自身が「過ち」と分かっていることを推し進めてしまうと気づいたとき、そこに理由を探してください。

その過ちを凌駕するほどの何かがそこにあるということが分かるでしょう。

そして、改めて天秤にかけるのです。

その過ちを犯してまで行うべきことなのでしょうか?

それを愛のせいにしてはいけません。

 

愛は極性を持ちませんから、どんな選択をあなたが取ったとしても愛なのです。

行っても愛ですし、行わないのも愛なのです。