【許してしまう感覚】不和は許しの愛のサイン | スピリチュアル

許すという愛に気づくための不和状態

大天使ガブリエルからのメッセージ

不都合なことが起こり、許すことができない状況が生み出されます。

しかし、いつの間に「許しても良いのでは?」と自身に語り掛けるようになります。

なぜ、人は許さないと思っていた物事を許すことができるのでしょう?

それは、許さない状態はどういう形であっても「不和状態」だからです。

 

皆さんは安定を求め続けながら生きています。

サーカスの綱渡りのように右足左足とバランスを取り、安定を確認しながら進んでいます。

そこに不和というものは安定とは逆の作用を生み出しますから、不都合なことが起こってから時間が経ち、感情が先行しなくなったとき「許しても良いのでは?」という和という安定を選択しようとするのです。

人は許すことを望んでいるのです。

 

▼8月分 ご予約受付開始!▼
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

 

その様に私が伝えても「許せない」と一点張りになっている方もいるでしょう。

それで良いのです。

まだ、感情が先行しているために安定よりも不和を望み続けている状態ですから、これもまた自然な状態と言えるでしょう。

 

私が伝えているのは、時間が十分に経った先の話です。

時間が経てば感情が先行する必要が無くなっていきます。

それもその時になったら分かるでしょう。

 

安定を望む意識が拡大していったとき、「許す」という愛に気づき、実践して理解を深めます。

その下準備を今しているのです。