【慌てる意味】加速と引き換えに失うもの | スピリチュアル

慌てる心は加速を生み出す

アセンデッドマスター・アマテラスからのメッセージ

日本のアセンデッドマスターのアマテラス

「慌てる」ことは変化の加速を生み出します。

ときには慌てることも必要なのです。

但し、いつも慌てながら生きることはおすすめできません。

慌てることによる変化は失うものも多いからです。

 

植物の生育を考えてみてください。

自然の中での植物はゆっくりと季節というタイミングで生育します。

これが慌てていない状況です。

 

しかし、自然の中にある植物であっても慌てることはあります。

必要以上に水が受け取れない状況や陽が射さない状況が続くと植物は普段とは違う変化をし始めます。

葉を大きくしたり、動かしたり、蔓や根を太くしたりするのです。

これには多くのエネルギーを使います。

生きるということに集中するために失うものもあるのです。

普段つける花が少なくなり、群生している仲間たちが枯れてしまうのです。

 

▼自宅で受けられるセッション▼
満員御礼!ありがとうございました!
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

あなたも慌てることがあるでしょう?

それはあなたが「ここ一番!」と自分自身を奮い立たせている瞬間です。

変化を加速させて、あなたの理想の状態に近づけているのです。

 

ときには加速して、
普段は自然体でいること。

 

これがあなたに必要な心の状態です。

error:コピーはできません