【「悲しみ」の意味】再び動くための糧 | スピリチュアル

「悲しみ」を感じたときにすべきこと

大天使アズラエルからのメッセージ

再び、今有るものがそこから無くなる体験が起こっています。

悲しみは誰でも持ち合わせている感覚です。

しかしその感覚は人の行動を制限しますので、煩わしさを覚えるものがあるのはそのためです。

 

どんな感覚であっても無駄なものはありません。

煩わしさもその先にある新たな行動を生み出す糧となるのです。

それを人は「悲しみを乗り越える」と言い成長を期待し、称えるのです。

 

▼11月沖縄対面 残り1枠▼
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<オンライン/東京沖縄対面>

 

悲しみにより行動が制限されたときは、止まるような感覚になります。

有るものが無くなるとき、悲しみによって一度手を休めて成長する準備に入るのです。

悲しみは他を恨むためのものではなく、
悲しみは自分を成長させるためのものなのです。

だからと言って、悲しみを探して浸らなければならないということではありません。

どのような感覚でも成長することができますから、あえて悲しみを選ぶ必要もありません。

 

もし今、悲しみを選んでいると気づいたら、行動を生み出す糧として考えるのです。

そしてその次には悲しみではなく、楽しみを選ぶのです。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お知らせ

遠隔エネルギーワークまであと2日

明後日(10月31日)に、遠隔エネルギーワーク『宇宙連合の「叡智」によるエネルギートリートメント』を行います。
本エネルギーワークはご自身のエネルギーバランスを最適な状態に整え、更に望む生き方をするためのアクティベーションとして、新月と満月の夜に行っています。
宇宙連合の叡智のエネルギーと、ゲストからのエネルギーやメッセージを受け取ることができます。

10月31日(土) 22:00~22:45 満月

詳細・お申込みはこちら

お申込みただいている皆さまへ

本日、午前中にLive配信のURLをメールでご案内致します。
午後になってもメールが届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですが「お問合せフォーム」にご連絡をお願いいたします。

11月のスピリチュアルアドバイス公開収録

今回のTomokatsuのスピリチュアルライブは、毎月恒例の11月のスピリチュアルアドバイスの公開収録をしました。一足先にスピリチュアルアドバイスを受け取りたい方はこちらをご覧ください。

▼▼ご視聴はこちら▼▼

アズラエル
スピリチュアルカウンセラー Tomokatsu
error:コピーはできません