【「悲しみ」の意味】再び動くための糧 | スピリチュアル

「悲しみ」を感じたときにすべきこと

大天使アズラエルからのメッセージ

再び、今有るものがそこから無くなる体験が起こっています。

悲しみは誰でも持ち合わせている感覚です。

しかしその感覚は人の行動を制限しますので、煩わしさを覚えるものがあるのはそのためです。

 

どんな感覚であっても無駄なものはありません。

煩わしさもその先にある新たな行動を生み出す糧となるのです。

それを人は「悲しみを乗り越える」と言い成長を期待し、称えるのです。

 

▼自宅で受けられるセッション▼
2月、3月分受付開始!!
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

 

悲しみにより行動が制限されたときは、止まるような感覚になります。

有るものが無くなるとき、悲しみによって一度手を休めて成長する準備に入るのです。

悲しみは他を恨むためのものではなく、
悲しみは自分を成長させるためのものなのです。

だからと言って、悲しみを探して浸らなければならないということではありません。

どのような感覚でも成長することができますから、あえて悲しみを選ぶ必要もありません。

 

もし今、悲しみを選んでいると気づいたら、行動を生み出す糧として考えるのです。

そしてその次には悲しみではなく、楽しみを選ぶのです。

error:コピーはできません