【2極性の先にあるもの】2極で知る「統合」 | スピリチュアル

2極のままでその先を知らなくてはなりません

アセンデッドマスター・ソロモンからのメッセージ

アセンデッドマスターのソロモン

人類が文明を持ち、育んできたころから、「統合」という言葉は生み出されています。

「統合」はとても歴史のある言葉なのです。

その「統合」を目指し続けた人類は、ある時は自らが神になろうとし、ある時は神に出会おうとし、ある時は神を倒そうとし、ある時は神と一体になろうとしていました。

人類は神という「自分とは違うもの」を創造し続けているのです。

現代においては、神という信仰は薄れているかもしれませんが、肌身離さず大切にしているもの、何をするにも一つの概念を礎としている思考を持っています。

これが現代における神というものの代用です。

 

人類がいる世界は2極性の世界ですから、この先に見る「統合」も2極性があるように見えます。2極性のない統合をどれだけ目を凝らして見ようとしても見ることはできないのです。

2極性のない統合を仮定することはできます。哲学や理論、概念というものは机上で行えるものですから、いくらでも仮定ができるからです。

▼10月分受付開始!▼
9月分は満席のため予約受付終了
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<オンライン/東京対面>

あなたは2極性のある世界から、机上での仮定ではなく、現実としての「統合」を考え、それに向かわなければなりません。

先に伝えたように完全な統合は創造できないですから、必ずどこかに2極性を感じてしまうところが見えてきます。

それも2極性のある世界ならではの面白いところなのです。

あなたの目から見る「統合」を味わい、多くの人に伝えてください。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お知らせ

コンタクトワーク2020 ~ユニティ~ 実施しました

9月18日 の「Tomokatsuのスピリチュアルライブ」特別編として毎年実施している「コンタクトワーク」を行いました。

2020年のテーマは「ユニティ(unity)」で「一つにまとまる」という内容でコンタクトワークが進んでいきました。第5密度のアークトゥルスとリラの集合意識が一つにまとまって現れたのはとても面白い体験でした。

  • シリウス:ハモン
  • プレアデス:エリザベス・ジャーメイン
  • 金龍:アーロン
  • アークトゥルスとリラの集合意識:エンダーシア

登場人物はこれだけですが、もっとたくさんの存在とコンタクトされた方も多かったと思います。様々な存在たちがたくさんやって来ていました。

▼▼ご視聴はコチラ▼▼

ソロモン
スピリチュアルカウンセラー Tomokatsu
error:コピーはできません