【初期のサイン】楽なサインの受け取り方 | スピリチュアル

身体のサインに気づいていますか?

「身近なサイン」と聞くと、私は風邪薬のコマーシャルを思い出します。

そのコマーシャルの中でも「風邪かな?」という初期段階で風邪薬を飲み、対策することの大切さを伝えています。

もちろん、これは風邪だけではありません。

スピリチュアルで言うなら「第六感」という感覚が身体のサインの1つです。

この感覚は誰でも受け取る事ができますが「感じ方」は人それぞれ違いますから、自分の感じ方を見つけてあげることがサインに気づく第一歩です。

サインは自分自身で決めている

サインは『私の知らないどこかの誰かが送ってくる』というものではなく、ハイヤーセルフや潜在意識も含めた自分自身が決めているものです。

だから楽なサインにするのも、辛いサインにするのも自分次第です。

 

辛いサインは楽なサインに置き換えてください。

私はライブ配信や講座、お話会などでこの話をよくしますので、聞いた事がある方もいると思います。楽なサインでも十分気づきとなります。

▼6月分 ご予約受付中▼

 

楽なサインは「初期段階」にある

「楽なサインなんて感じた事ない。」そんなことはありません。

冒頭の風邪の話に戻りますが、風邪の初期段階というのは『ちょっとした』ものです。

悪寒が走ったり、くしゃみが出たり、気にしなければスッと無くなってしまうような『ちょっとした』サインのことです。これは感じた事ありますよね?

これが楽なサインです。

 

皆さんも楽なサインに気づいてみて下さい。
今まで気にしていなかった『ちょっとした』ものがサインであると気づくと思います。

無理をしない生き方がその気づきの先にあります。