【子煩悩の境地】親の独りよがりからの脱却 | スピリチュアル

「子煩悩」は慈しみによって輝く起点です

アセンデッドマスター・マグダラのマリアからのメッセージ

クレヨンのハート

愛の表現の1つとして「子煩悩」というものがあります。

これは、自身を親としたときに自身の子のように思える関係であり、子に対して深い愛情を注ぐことを言うのです。

 

時としてこの「深い愛情」が親の独りよがりとなってしまうことがあります。

子はそれを望んではなく、親が差し出すものを親のために受け取っているという状態もあるのです。

これは、子の「深い愛情」が親へ注がれている状態ですから、子煩悩とは言えるものではないのです。

 

子煩悩を体験したいのなら、
子煩悩でありたいと思うなら、
「慈しみ」を身につけなさい。

▼自宅で受けられるセッション▼
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション

子煩悩は起点に過ぎません。

まだ、愛の矛先が子に向けられているかどうかが定まっていないということです。

しっかりと子に注がれるようにしたいと思うなら、子をよく観察するのです。

 

子が助けを求めているかどうかを見極めるのです。

 

親であるからこそ、子に対して見極めができます。

子は普段からの親の教えを参考にしながら行動しています。

全てが間違っていたり、全てが決まりから逸脱したりするようなことではないのです。

 

よく観察をするのです。

子が必要だと表現したとき、手を差し伸べるのです。

子が必要ではないと表現したとき、成長を称えるのです。

これが「慈しみ」であり、子煩悩である人の境地なのです。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お知らせ

昨日遠隔エネルギーワークを行いました

昨日、遠隔エネルギーワーク『宇宙連合の「叡智」によるエネルギートリートメント』を行いました。
昨日のゲストは、アセンデッドマスターのブッダさんでした。
ブッダさんが肉体、精神、心のバランスなどについてチャクラのエネルギーと共に説いてくれました。
「何事もバランスが大切である」ということを色々なお話を通して理解することができました。
次回のゲストは誰になるのでしょうか、当日までのお楽しみです。

次回は、
12月14日(月) 22:00~22:45 新月

詳細・お申込みはこちら

お申込みただいている皆さまへ

本日の午前中に、当日のエネルギートリートメントを動画でご覧いただくためのURLをメールでご案内致します。
午後になってもメールが届かない場合は、お手数ですが「お問合せフォーム」にご連絡をお願いいたします。

写真鑑定とカードリーディング

今回のTomokatsuのスピリチュアルライブは、写真鑑定とカードリーディングを行いました。
カードリーディングは2種類のカードを使用してみました。

その他、宇宙存在から見たロケットのお話をしました。宇宙や宇宙存在に興味のある方も楽しめる内容となっています。

▼▼ご視聴はこちら▼▼

マグダラのマリア
スピリチュアルカウンセラー Tomokatsu
error:コピーはできません