【「悲しみ」の意味】感謝との関係 | スピリチュアルメッセージ

「悲しみ」を感じたときにすべきこと

大天使アズラエルからのメッセージ

悲しみは人の心にある作用の1つです。

悲しみを感じない人はいません。

今有るものがそこから無くなるとき、人は悲しみを味わうのです。

 

人にこの作用があるのかを理解してください。

不要な作用であるなら、皆さんの中から既に無くなっているでしょう。

しかし、今もなお皆さんの中に「悲しみ」の作用は存在するのです。

 

悲しみは、
無くなったものへの感謝を伝えるためにあるのです。

 

悲しみを味わったとき、あなたは無くなったものを想い、感謝を述べてきたはずです。

今もこれからも、その様にし続けるのです。

 

悲しみを味わい続けることが好きな人はいませんが、悲しみの先にある感謝を伝えることが好きな人はいるでしょう。

でも、感謝は悲しみの先にだけあるものではありません。

喜びや楽しみの先にも感謝は存在します。

 

▼10月,11月分受付中!▼
沖縄対面セッション追加スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<オンライン/東京沖縄対面>

 

悲しみによる感謝をあなたの心の底から行えたなら、
もうその悲しみに浸り続ける必要はありません。

 

無くなったものへの感謝をしましょう。

そうすればあなたの心は悲しみを手放し、次なる希望を生み出すでしょう。

error:コピーはできません