【心の不安を抱く意味】目的を見定める | スピリチュアル

目的を見定めるのです

アセンデッドマスター・キリストからのメッセージ

アセンデッドマスターのキリスト

あなたは何をするにも「目的」を持っています。

目的が存在しない状況下では、何もすることができないし、生きる意味さえ見失ってしまうかもしれません。

 

今、あなたが生きて私の言葉に耳を傾けているのも、「声を聞きたい」というものや「新たな気づきを受け取りたい」という目的があってこその行動なのです。

 

では、問いましょう。

今、あなたはどのような目的で『心に不安を創り出すものを取り入れている』のでしょう?

 

あなたは取り入れていないと思っているかもしれません。

しかしながら、誰しも「心に不安を創り出すもの」を取り入れているのです。

酔うための酒の量が人によって違うように、不安の量は違いますが皆間違いなく取り入れています。

それにもしっかりと目的があるのです。

それは「安心するため」です。

 

ホッと一息つくためには、ホッと一息つける程度の仕事をする必要があります。

幸せと感じるためには、幸せと感じるための不幸を体験する必要があります。

 

▼10月,11月分受付中!▼
沖縄対面セッション追加スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<オンライン/東京沖縄対面>

 

自身が幸せになるための目的を多く抱けば抱くほどに、その幸せを感じるための「心に不安を創り出すもの」を取り入れることになるわけです。

ですから、目的を見定めるのです。

 

あなたが幸せを感じるための「目的」を広くするのではなく、しっかりと見定めて「目的」を1つ掲げるのです。

そうすれば、「心に不安を創り出すもの」の量は今までにないくらい少なく済み、目的が達成されることでしょう。

error:コピーはできません