【聖人の思考】「人としてある」と意識する | スピリチュアル

聖人が好むもの、人が好むもの

アセンデッドマスター・ブッダからのメッセージ

アセンデッドマスターのブッダ

聖人という言葉があります。

これは単なる「位」であって、能力を誇示するものではないのです。

即ち、聖人も人であるということなのです。

 

聖人は人と同じものを好みます。

人と同じことをし続けて聖人となったということを意味します。

特別なことはしていないのです。

 

人としてあるためには?

 

このことを考え続けて生き続けただけです。

あなたも「人としてある」と考えてみるのです。

 

今、あなたの思考の中にどれだけ「人」というものが含まれているでしょうか?

「人としてある」という意識はどんな場面でも含まれます。

▼自宅で受けられるセッション▼
満員御礼!ありがとうございました!
スピリチュアルカウンセラーTomokatsuの個人セッション<人間関係 恋愛 仕事>

あなたが人であるなら、その花を摘むべきか、摘まざるべきか。

あなたが人であるなら、他人のことを想うべきか、想わざるべきか。

あなたが人であるなら、人を救うべきか、救わざるべきか。

 

人としてあると捉え続けることで、あなたは聖人と同位と言えるでしょう。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お知らせ

【YouTubeライブ】トークライブとチャネリングの公開収録

1月16日のTomokatsuのスピリチュアルライブは、前回ご好評だったフリートークライブ2月のスピリチュアルアドバイスの公開収録を行いました。

1月の振り返りをしてから、ご視聴ください。

▼▼ご視聴はこちら▼▼

ブッダ
スピリチュアルカウンセラー Tomokatsu
error:コピーはできません