【愛を信頼する】求めていたものと違う理由 | スピリチュアル

何を持って愛と成すか

アセンデッドマスター・ホルスからのメッセージ

 

地球に生きる者たちは皆「愛」というものについて考える権利があります。

今回はそのきっかけとなるでしょう。

 

愛はどんなものにもくっついています。

含まれているという表現でも良いですし、そのものが愛であると言っても良いでしょう。

 

自身の身体にも愛があります。

これはご存知ですよね。

 

次に他人です。あなたから見た他人にももちろん愛があります。

同じ人体ですから、彼らにも愛がくっついていて、それぞれ独自の愛を成しています。

 

その他、植物にも、石にも、空間にも愛はあります。

 

どういう条件下であってもそれらは「愛」と言うものなのです。

ですから、もしあなたが求めている「愛」とは違っていたとしても、何らかの「愛」であるということは確実です。

 

▼6月分 ご予約受付中▼

 

 

ただし、人は1つの目線でしか愛を捉えようとしません。

それは間違っていないですし、自己愛という愛に目覚めた人々はそのようにするでしょう。

 

ただ一つ、自分の中にある「愛」だけが存在しているとは思わないでください。

無理に他にある「愛」を受け入れる必要はありません。

ただそこに愛があるということを知っていれば十分なのです。