【レムリアに近づく3つのポイント】統合の意識| スピリチュアル

レムリアの意識を感じてください

レムリアの民からの言葉

レムリアは、何かを成したときに感じられるものになります。

与えられるものではないので、待っていてもその感覚は味わえません。

 

例えば、あなたが過去世として「レムリアの民として生きた記録」を参照していたとしても、自分自身で成さなければレムリアの意識とはなりません。

ですから、過去世のレムリアの記録を探り当てる必要もないのです。

 

あなたがレムリアを意識したいと思うなら、レムリアの民がしてきたことをなぞれば良いのです。

 

1.レムリアの民は争うことをしません

レムリアの民が目指すものに「争い」は不要なのであり、意識をしません。2極を生み出す「争い」ではなく、2極を手放す「統合」にあるからです。

 

2. レムリアの民は見通す力を持っています

レムリアの民は広い視野(感覚)を持ち、様々な情報を平等に捉えることができます。例えば、Aという国から2極性の強い情報が入ったとき、その他のB国、C国などの情報も併せて収集し2極性を弱めるように努めます。

 

3. レムリアの民は自らの感情も見通します

広い視野(感覚)は、自身の外だけでなく内側にも向けられます。つまり、自分の感情や思考も多角的な視点で見つめることができるのです。もし、感情が波立つ状況を目の当たりにしても「自身の感情が波立っている」という視点を持てるように行動することができるということです。

 

まずはこの3つのレムリアの民が歩んだ道に沿って進みなさい。

そうすればいずれ「レムリアの意識」を感じることができるようになるでしょう。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お知らせ

コンタクトワーク2020 ~ユニティ~ 実施しました

9月18日 の「Tomokatsuのスピリチュアルライブ」特別編として毎年実施している「コンタクトワーク」を行いました。

2020年のテーマは「ユニティ(unity)」で「一つにまとまる」という内容でコンタクトワークが進んでいきました。第5密度のアークトゥルスとリラの集合意識が一つにまとまって現れたのはとても面白い体験でした。

  • シリウス:ハモン
  • プレアデス:エリザベス・ジャーメイン
  • 金龍:アーロン
  • アークトゥルスとリラの集合意識:エンダーシア

登場人物はこれだけですが、もっとたくさんの存在とコンタクトされた方も多かったと思います。様々な存在たちがたくさんやって来ていました。

▼▼ご視聴はコチラ▼▼

アセンデッドマスター
スピリチュアルカウンセラー Tomokatsu
error:コピーはできません